40代で転職を考えている男性へ。

こちらではフリーターでも正社員になれる業種を紹介します。

未経験の業種に就きたいけれど採用されるだろうか?

フリーターだけれど正社員で採ってもらえるだろうか?

正社員になった事ないけど、採用してもらえるだろうか?

とお考えの方にアドバイスします。

かなり厳しい道かもしれませんが、狙う所を間違わなければ、チャンスはあります。

ここでは、40代の方で未経験業種に応募したい方。

現在フリーターだけれど正社員になりたい方の希望がかなうためのポイントをまとめてみました。

40代の転職は厳しい

最近、求人数が増えているというニュースを見かけます。

確かにリーマンショック後の就職難を考えれば転職サイトなどでの求人数は間違いなく増えているということが言えます。

転職者を採用する側として欲しい人材は、一度教育したら長く会社に貢献してもらえる人材、又は教育しなくても即戦力でやってもらえる人材です。

なぜならば会社というのは利益を追求する集団だからです。

これから先もこの観念が変わることというのはどんな時代になっても無いでしょう。

従って40代の方で転職して成功する人というのは、その業種で経験が豊富な人で、流石に転職してすぐは、会社の風土などに馴染むのに時間を要しますが、1年程度すれば最前線でバリバリ活躍できるような人が多いようです。

ここでテーマにしている「40代で未経験職種にトライする」とか「フリーターから正社員になる」というのは、普通に考えますとかなり難しいという事が言えます。

しかし、一度の人生をそんな簡単に諦める訳にはいかないですよね。

かなり難しいですが、全く無いわけではありませんので、狙いをしっかり定めれば希望は叶うかもしれません。

それでは狙える職種とはどんなものでしょうか?

まずは消去法で

40代で転職しようとしている方で、未経験職種にトライ使用としている方は、ますは「どう足掻いても無理」という会社や業種を把握しておきましょう。

なぜならば、40代で転職をする場合は、殆どの場合会社は「即戦力」を求める場合が多いので、そういう所に応募しても「箸にも棒にもかからない」状態が延々続くからです。

そうしている間に時間がどんどん経過し、年を取ってしまうと状況は悪くなる一方になってしまいます。

40代で経験豊富な高いキャリアを持っている人でも、書類選考を通過するのに数十社応募しなければならないと言うのが世間の相場です。

それでは「どう足掻いても無理」というところは何処か?

それは誰もが名前を知っているような一部上場企業、その会社にぶら下がっている関係会社などです。

こういう会社は基本的に日本の昔からの慣習である「終身雇用」的な考えが強く、新卒で

採用した人が一生同じ会社で働く事が当たり前になっています。

中途採用が全く無いわけではありませんが、同業の他社や関係する仕事でかなりハイレベルであった人だけが採用されます。

従いまして、40代で未経験の方、現在フリーターの方は応募しても時間の無駄にしかなりませんので、やめておいた方が良いでしょう。

職種でいいますと設計職や製品開発などの技術職系は非常に厳しいでしょう。

なぜならばそういう職種は実務経験が非常に重視され、新卒で採用されたエリートが凌ぎを削り合って生き残った人だけが食って行けます。

仕事の内容的にも「高度」なものが要求されます。

所謂「花形職種」と呼ばれている仕事です。

こちらも応募しても時間の無駄にしかならないでしょう。

しかしここで、落胆する必要は全くありません。

なぜならば、日本に現在ある会社の中でそういうような会社や職種というのは全体の1割程度の極限られたものだからです。

残り9割というのは、会社の名前もあまり知られておらず、職種的にも花形で無い仕事になります。

狙い目の業種

それでは、採用される可能性の有る業種とはどんなものがあるでしょうか?

採用されやすいポイントとしましては、「頭脳労働」よりも「肉体労働」ということです。

会社の中でも「花形」ではなく「脇役」的な仕事もになります。

体が問題なければ、努力次第で何とかなる可能性は高いでしょう。

それと重要なのは、40代から未経験職種やフリーターからのチャレンジですと当然考えられるのは「出世」はあまり望めないという事です。

従って、普通の会社員では60歳が定年で、上手くいけば65歳まで再雇用してもらえるという考え方になるのですが、ここでの設定は、「出世は望めないけど70歳まで続けられる」という職種にしました。

介護関係

体力的精神的に非常にハードな仕事ですが、給料はあまり高くないので敬遠されがちな業種です。

しかしこれからの高齢化社会的には重要な仕事になってきますので、やりがいはあるかもしれません。

特に介護系の資格を持っている方は優遇されますので、持っている方はもちろん、これから取得する人にもお勧め職種です。

体が元気な場合は60歳以降でも続けられる仕事です。

運送業種

宅配便のドライバー、長距離トラックの運転手、ルートドライバー、送迎などです。

ほぼ体力勝負の仕事になりますが、責任もって仕事を追行する人であれば採用される可能性は高いでしょう。

運転が苦痛ではなく好きな人にはお勧めです。

長距離トラックの運転手は、体力的に限界が早く来ますので、宅配便やルートドライバーなどであれば60歳以降も活躍できる可能性が十分あります。

警備員

駐車場、工事現場、ビル、工場などで必ず必要になってくる業種です。

やる気があれば40代のみならず50代以上の方でも採用される可能性は高いです。

又、元気があれば70歳位まで続けることも可能です。極端に体力を使う仕事ではありませんが、深夜勤務などもありますので、体力的にもそこそこハードである覚悟は必要でしょう。

タクシー業界

タクシー業界は、50代などの高齢の人でも積極的に採用している場合が多いようです。

一日中外で一人でお客様の相手をしますので体力も使いますし神経も使います。

自分の知っている場所であれば良いのですが、そうでない場合もありますので大変な仕事です。

しかし体力と気力があれば70歳位まで続けられる仕事です。

運転に自信のある方、好きな方には良い業種と言えます。

年収も400万円位になる様なので、サラリーマンの平均的な稼ぎは出来そうです。

工場員

製造業などの工場でマシンのオペレータ、組立作業などの職種は、決められたことをきっちりやる人であれば採用される可能性があります。

面接でやる気をアピールすると良いでしょう

又、会社として欠かせない人にまでなれば、定年後も再雇用される場合もあり、長く活躍しようとしている方には良い職種です。

メーカーの請負などをしている会社を場合は、取引先を良く調べて、大手企業の下請けなど会社自体が安定しているかを調べてから決めた方が無難です。

サービス業

ハウスクリーニング、便利屋、修理屋、などです。

社員では無く、請負の形態で就業する事も多いようです。

請負の場合は社会的な保証(厚生年金、健康保険など)はありませんので、その分を稼ぐ計算をしないと食っていけなくなります。

まとめ

40代から未経験職種に転職、フリーターでも正社員になれるというのは、一般的に考えますと非常に難しい事になります。

しかし広い年齢層で募集している職種は可能性が残されていますので、狙いを間違わ無いことが重要です。

狙いをしっかりと定めて、皆さんの希望が叶う事をお祈りしています。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事