30代で転職を考えている男性へ。

こちらでは未経験でも転職成功できるおすすめの業種を紹介します。

未経験業種にトライしたいけど大丈夫だろうか?

どんな業種ならば転職できそうかな?

と悩んでいる方にお伝えします。

30代ならば、狙う職種を間違わなければ転職で成功する可能性は高いです。

ここでは、30代で未経験職種に転職しようとしている方にお勧めの業種をまとめてみました。

30代での転職は可能か?

30代で現在の業種が肌に合わないや会社の人間関係が上手くいかないなどの理由で別の職種に転職を考えている方もいると思います。

転職をする際に採用する側は、やはりある程度同じ業種での経験があった方が採用しやすいでしょう。

なぜならば同じ業種ならば一から教育しなくても短い期間今の仕事に慣れるだけで戦力になるからです。

未経験職種ならば30代前半ならまだまだ可能性はあるでしょうけども、30代後半の人ならば、一般企業で早い人は管理職になっています。

そういう人がいる中で未経験の人を採用した場合、その人がしっかりした戦力になるまで教育できるかという点が会社側として心配なところです。

なぜならば、日本には「解雇規制」なるものが存在して、会社は一度採用したら相当な理由が無い限り社員を「クビ」にできないからです。

戦力にならないままの人を長期間雇用し続けるのは、会社として大きなリスクになりますので、会社は採用の際に非常に慎重になり間違いなく戦力になる人でないと採用しません。

そういう中で未経験業種に転職する場合は、狙いをはずさない事が重要になってきます。

闇雲に人気職に応募し、採用されずに無駄な時間を過ごしたり、採用されたけど実力がついていかず、努力が無駄になってしまうような事は避けなければなりません。

30代で転職可能かという問題に関しては、30代前半ならば比較的広い業種で可能性がありますが、30代後半の方は、40代の方と同じような狙いを定める応募をしないとだめな場合もあります。

30代前半の方にお勧めの業種

30代前半の方は、業種にこだわらなくても、その仕事に対する情熱がある事をアピールすれば、広い業種で採用される可能性があります。

但し、誰もが名前を知る一部上場している様な大企業は、殆ど新卒で採用した人が長く勤めますので、未経験の方が採用されるのは難しいかもしれません。

応募しても時間の無駄になってしまいますので、狙い目とすれば中小企業になってくるでしょう。

多くの職種で35歳迄を採用の基準にしている傾向がありますが、その業種とは、自動車整備士、医療関係、士業などの専門職などです。

こういう職種に共通して言える事は非常に専門性が高いという事です。

一人の社員を一人前に育てるのが難しく、育ったら長く会社に貢献して欲しいからです。

逆に言えば長く続ける意思があれば30代の前半まではこういう専門職の道もあります。

一般企業でも30代前半ならば殆どの職種でそれまでの経験をリセットしてやり直ししても会社に十分貢献できる位の余裕はありますし、会社側としても採用しやすいでしょう。

30代後半の方にお勧めの業種

30代後半になると採用する側としては40代の方と同じような傾向になってきて、その職種に対する経験がないと採用が難しい場合が多くなってきます。

そういう中で30代後半で未経験でも比較的積極的に採用する業種としては次のような所があります。

IT業界

IT業界は人の入れ替わりが激しく、常に人手不足ですので、プログラミングを勉強すれば可能性はあります。

但し、要求する仕事ができなかった場合には見切られるのも早いので、腕に自信のある方には良いですが、そうでない方は慎重にした方が良いでしょう。
そして専門性の高い割には給料は低めのようです。

又、ブラック企業等など劣悪環境が多いのも特徴です。

プログラミングと言えば頭脳労働のように見られますが、一度仕事に集中したら深夜までやらなければならなかったり体力勝負の部分も大きいので、体力に自信のある人でないと勤まりません。

この職種の契約形態としては、正社員でどこかの会社のOA部門などに勤務する方法がありますが、未経験からですと非常に狭き門ですので、特定派遣の技術者としてメーカーに派遣される形態をお勧めします。

特定派遣というのは、エンジニア専門の派遣会社に正社員雇用されていますので、一般の派遣と違い、派遣先との契約が切れても派遣会社との契約が残ります。

そうなった場合、次の派遣先を派遣会社の営業マンが探すのですが、その間も給料を貰うことができますし、各種社会保険も正社員同様は入れます。

腕に自信が出てきたら、フリーの技術者としてお客様と直接取引すればよいと思います。

販売職

店頭などで商品を販売をする仕事です。

お客様に商品の詳しい説明をして買ってもらうようにしたり、商品のクレームに対する対応などがあります。

主に販売店の店舗での仕事となります。お客様商売ですので、コミュニケーション能力に自信の有る方には向いた業種です。

商品知識を常に最新の状態にする努力が必要ですが、入り口のハードルは比較的低いようです。

給料は低くも無く、高くも無く標準的なレベルです。

介護職

老人ホームや介護施設での職員です。採用の際に介護士などの資格を持っていれば優遇されます。

又、これから資格を取得すうる人も採用される可能性はあるでしょう。

仕事が体力的、精神的にきつく、給料が休めですので、敬遠されがちな業種ですが、これから間違いなく訪れる超高齢化社会では重要な仕事となり、仕事量は減る事は無いでしょう。

体力が続けば、一般企業とは違って60歳以降でも続けることができますので、お勧めの業種です。

事務職

一般企業での事務処理の仕事です。

センスがあれば、比較的経験が浅くても評価されやすくなります。

今はパソコンの知識は必須で、WORD、EXCEL、POWERPOINTは出来て当たり前、他に何個か得意なソフトがあれば尚ベターです。

事務といっても幅は広く、会社の経理的なものから営業事務、法務、人事などで活躍の場があります。

経理の場合は簿記などの資格を持っていると有利ですし、PC系の資格は持っていると歓迎されます。

飲食

ファミリーレストランや外食チェーン店などの店員です。

調理の資格を持っている場合は調理場での活躍もえできます。

標準的にはウェイターをするという事になると思いますが、新人の間は皿洗いなども担当せざるを得なくなります。

仕事は理屈でなく先輩からの現場での指導で覚えざるを得ないので、体力と忍耐が必要です。

接客がメインですので、コミュニケーション能力に自信がある方にはお勧めです。

不動産業界

不動産の仲介業者などですが、それほど高度な専門知識が必要なくできますので、入りやすい業種です。

頑張り次第では給料も悪くないのでチャレンジする価値はありそうです。

運送業界

長距離トラックの運転所や、ルートドライバー、宅配便などです。

体力的には非常にきつい仕事ですが、やる気があればクリアできる可能性が高いです。

特に運転の好きな人にはお勧めかもしれません。

長距離トラックの運転手は体力を非常に消耗する仕事ですのであまり長く続けられるとは考えないほうが良いでしょう。

逆に軽自動車での宅配便などは60才以降も続けられますし、重い荷物は積めないので扱う荷物もそれほどの重量物は無く体力的にもまだましという感じです。

工場員

工場でのマシンオペレータや組立て員などです。

大手企業の下請けなどでしたら、業績は安定しているでしょうから、定着すれば生活は安定するでしょう。

しかし、会社自体手業の都合で振り回される事もありますので、実態は良く調べてから応募した方が良いです。

まとめ

未経験職種に転職しようとしてゆいる方も30代ならばまだまだ成功する可能性が高いです。

しかし、狙いが定まっていない場合は、採用されなかったり、採用されても条件が合わずに更に転職をせざるを得なかったりします。

そういう場合は給料が極端に下がってしまうので注意が必要です。

狙いをしっかりと定めて転職活動をして、是非とも成功をGETして下さい。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事