30代で転職を考えている女性へ。こちらでは、未経験でも転職でき子持ちや既婚者にも優しい業種を紹介します。

未経験だけど転職できるだろうか?

子持ちだけど採用が不利にならないだろうか?

既婚だけど、仕事を続けられるだろうか?

など悩んでいるという方にお伝えします。まだ30代の方ならば、本人のスキルとやる気で希望がかなう確立は高いです。

ここでは、30代の女性で未経験職種にトライする方、子持ちや既婚者でも転職できる可能性の高い職種を紹介します。

30代の転職は難しい?

30代の女性で、転職を考えている方で、年齢的に難しいかどうかを悩んでおられる方も多いと思います。

果たして30代の女性の転職は難しいのでしょうか?答えは、狙いを外すと難しいといえます。

その理由の1つは同じ世代の男性と比較すると、転職できる職種が非常に限られているという事があります。

採用する側としては、折角採用して教育する限りは長く勤めて欲しいという希望と、キャリアがあるならば出来るだけ即戦力の人が良いという希望があります。

従って30代の女性の場合は年齢からして20代の人と比較すると教育しにくいというだけで不利であることは間違いなさそうです。

更に同じ理由から未経験職種に応募して採用される可能性というのは低く、特に誰もが名前を知る有名企業などは応募しても無駄足になるだけでしょう。

それでは、諦めるしかないのでしょうか?

いやいや30代ならばまだまだ狙いを定めれば希望はあります。

その狙いとは次のような職種です。

未経験でもOKの職種

タクシードライバー事務スタッフ

一般企業での伝票処理やワープロ、会議資料の作成などです。この仕事をする場合はパソコンは必需品なので、最低限WORDなどのワープロソフト、EXCELなどの表計算ソフトに詳しい必要があります。

最近はEXCELの検定などもありますので持っていればアピールになり採用される早道になります。

雇用形態としては、どこかの会社の正社員での採用も少数あるでしょうが決まるまでに時間がかかりますので、派遣スタッフとしてまずは早く仕事に就いて実力アップしてからその会社の正社員にしてもらうという手もあります。

その場合はパソコン操作に関しては、正社員と比べて良く出来る人という評価が必要です。

会社規模としては現在大企業に勤めている人を除けば大企業を狙っても採用されにくいですので、中小企業を狙ったほうが確実です。

ライフプランアドバイザー

お客様に適した生命保険や資金計画などをアドバイスする仕事です。

生命保険会社などが就職先になりますので、資格を持っている方は採用される可能性があります。

不動産関係

不動産の仲介業者などは、それ程高度な専門知識を必要とされない仕事なので、未経験でも勤まる可能性は高いです。

不動産に関する知識は必要なのと客商売なのでコミュニケーション能力は求められます。

宅建の資格を取ると不動産契約時の「重要事項説明」を行うことができますので、重宝されるでしょう。

因みに宅建の試験は結構難しいようです。

経理スタッフ

会社の経理スタッフとして売上や予算管理などを行う仕事です。

簿記などの資格を持っていれば採用の際に優遇されます。

正社員として採用の場合はそこそこ高度な知識が必要となりますが、30代からならまずは派遣で早く仕事に就いてしまい、現に実力を見せる事で正社員に昇格という方法もあります。

コールセンター

トラブルの対応や商品の説明などを電話で応対する仕事です。

派遣やパートでも就ける仕事ですが、話は上手でないと勤まりません。

又色々な商品知識が必要ですので勉強していく覚悟も必要ですが、比較的入り口の門戸は広いようです。

販売スタッフ

家電販売店などのスタッフとしてお客様への説明をしたりクレームの対応をしたりする仕事です。

商品に関する知識を常に最新の状態にする必要があり、良く売れる人は給料は結構良いようです。

WEBデザイナー

WEBデザイナーやプログラマーなどのIT関係の仕事です。

ITに関しては詳しい必要があり、流動の激しい世界で知識も体力も必要な仕事です。

契約形態としては正社員としてどこかの会社のOA専用の部門に就職する方法もありますが、やはりこちらは未経験からですとハードルが高いので、特定派遣という形態が良いと思います。

特定派遣はエンジニア専門の派遣会社に正社員として雇用されてどこかの会社へ派遣される形態です。

派遣先の契約が切れても派遣会社が他の会社を探してくれるので、継続的に仕事ができます。

派遣先が決まるのに時間がかかる場合でも給料は途切れることなく貰えます(会社によって満額貰える所と7割程度のところがあります)。

慣れてくればフリーのIT技術者として自分で受注からプログラミングまで完成させて、請負報酬を貰うという事も可能です。

派遣の場合は派遣会社がマージンを取りますので会社が払っている単価よりかなり安い給料になりますが、社会保険などは完備しています。

請負の場合は間でマージンを取られないという点は良いのですが保険料などを自分で払わなくてはならないというデメリットがあります。

安定して働くには特定派遣をお勧めします。

保育士

保育園ので幼児の面倒を見る仕事です。

保育士という資格が必要ですのでどこかの学校に通う必要があります。

介護関係

老人ホームや介護施設の職員です。

入所して来る方の世話をするのがメインとなります。

介護士などの資格を持っていれば採用の際に優遇される可能性が高くなりますが、この職種の特徴としては非常に体力的と精神的にハードな仕事な割には給料は低めの設定が多いということです。

この為に敬遠する人も多いようですが、仕事内容としてはこれからの超高齢化社会で確実に必要となってくる仕事ですので、やりがいはあると思います。

子持ち、既婚者でもOKの職種

子持ちや既婚者の場合は応募する際に就業条件を良く確認する必要があります。

採用する側としては、家庭を優先するあまりに仕事がおろそかになったり、残業して欲しい時に早く帰られたりするので正直使いづらい面はある様です。

最近は職種的には前述した様な職種になってきますが、子持ちや既婚者で家の仕事がある場合は、仕事だけで疲れてしまってはいけません。

そのために気をつけなければならとがあります。

体が楽な仕事

まずは体をハードに使わない仕事である必要があります。
事務スタッフや経理スタッフは基本的に会社の決められた時間内でパソコンを使用した仕事ですので、体力はあまり使いません。逆にタクシードライバーや、介護職などは体力を使うので子持ちの方や既婚者で家の仕事をしなければならない人には向いていないでしょう。

残業が少ない

子供の世話や家の仕事をするには残業が無く定時ベースで仕事が出来る職種が適しています。

半日有給 時間有給などがある

子供を病院へ連れて行かなければならなかったり、家の用事などで早く帰らなければならない場合に融通が利くように半日有給制度や時間有給制度などが整っている職場がいいでしょう。

又、時間的な縛りが無く、自分のペースで仕事ができる様な職種もお勧めです。
タクシードライバーは自分のペースで仕事ができる職種です。

ITの技術者は自分のペースで仕事はできますが、締め切りが近づくと夜中まで仕事をしなければならなかったりします。

通勤時間が短い

仕事が終わってから早く家の仕事をするには通勤時間が短い職種が適しています。

まとめ

30代で未経験職種への応募をしようとしている方、子持ちや既婚者で仕事と家庭との両立を考えている方は、転職活動する上で狙いとする職種を明確にする事で叶う可能性が高まります。

逆に何となく会社に応募して入社する様なスタイルですと、採用されるまで無駄な時間がかかる上に、入社できても不満が出ますので更に転職をせざるを得ないなどの状況になってしまいます。

狙いをしっかり定めて転職成功されることを願っています。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事