楽しく一生懸命頑張って働いてる職場で、いわれのない内容でいきなり馬鹿にされて笑いものにされた経験の無い方はいないと思います。

自分で思いあたる理由はないけど、職場でバカにされて不快な思いをしないあるいは不快な思いをした際の対処法を紹介させて頂きます

職場でバカにされ始めた理由が思い当たらない

昨日まで何事もなく普通に仕事をしてるだけなのに、急に同僚の態度が変わり馬鹿にされ始めたという経験を一度はした方もいるはずです。

ですが、いきなり皆の態度が変わった原因を自分なりに考えても、分からないと思います。

自分で考えてもわからない理由は、ほかの誰かに聞いてもハッキリした答えは出ない可能性が高いです。

職場でバカにされやすい人は本人に問題がある場合もあれば、全く落ち度が無くてむしろ長所になりそうな点を、デメリットにして笑いものにして第三者が楽しんでる傾向も多いです。

中傷をして楽しんでる人は良くても、いわれのない理由でバカにされて悲しい思いをしてる人は不快で仕方ないと思います。

ではなぜ今まで普通に仕事をしてた職場内で、同僚が自分に対して突然馬鹿にし始めたり笑いものにし始めたのか原因を探して、突き止めるために動くのも環境を改善するのに必要な手段ではあります。

ただ・・馬鹿にされない為に、原因を探して環境を改善する為に動くのはとてもいい事ではないかと思われますが、動きすぎる事でかえって職場に居づらくなる可能性もあるので行動を起こす際には細心の注意も必要です。

同じ職場で仕事を続けていく以上、周囲との調和もですが一方的に一人だけ傷つけられる様な不条理な環境から抜け出せるための強さと知識を身につけておくのはこれからの為の必須条件であり、自身への成長を促すポイントでもあります。

理不尽な理由でバカにされて悔しい思いをした時は冷静になろう

自分に思い当たる節もないし、いきなり突然同僚から馬鹿にされ始めて笑いものにされて恥ずかしい思いをされた経験のある方には、共通点があるそうです。

事情をしらない誰かからすれば、メリットでもありその人のよさになる大切な部分でもあるのですが、何の落ち度もなく真面目に働いていても突然馬鹿にされ始め、でもすぐに終わるからと思い仕事を続けようと思っても、中々終わらず辟易してしまう方も多いです。

では、周囲の人から前触れもなく突然馬鹿にされてしまう理由は一体何なのでしょうか?

あまり目立つ行動をしたわけでもないのに、悪夢は突然自分で意識してない時に急に始まる場合も多いので、的にされた人は戸惑ってしまうと思いますし、対処にも困りますよね。

今いる勤め先で働き始めた時から、常に同じ姿勢で仕事をしてきて誠実に仕事に取り組んできたはずなのに、突然妙な視線をおくる同僚が増えて来て自分の意識してない場所で自分が誰からともなく、馬鹿にされた事を知り納得のいかない状況になった方も多いです。

自分で気づく事ができても、反論できない場合もありますよね。

なんの言われもなく、職場で孤立してしまい仕事もしにくくなってしまう悪い連鎖の中に取り込まれそうになってしまう前に、状況を改善する為の行動を起こすのもよいのではないかと思います。

馬鹿にされたままにせずに、自分の意見をいう事も大切ですし納得のいかない事は自分で納得のいくまで調べるのもいいかもしれません。

でもきっかけはわからないですが、誰かを馬鹿にして喜んでる人はきっとまともで納得のできる答えは出さないと思います。

真面目な人は馬鹿にされてる事が分かった時に、自分に問題があるのではないかと自分を責めて問題視してしまう傾向があります。

努力家の人・頑張り屋さん・のんびりタイプの人も、自分が責められていわれのない嫌がらせをされて、馬鹿にされてもグッと耐えてしまう時もあります。

問題点のない人はどこにもいないと思いますが、問題点も特になくデメリットらしきものが無くて、むしろメリットを短所にして馬鹿にしてしまう人の為に心に傷を負ってしまってる方が増え続けてるのが現実問題ではないかと思いますが、問題を抱え込んだままにせず、どこかに改善点が無いか探して動いてみるのも現状をかえるきっかけになるのではないかとおもいます。

職場の同僚を馬鹿にしてる人に対して向き合う勇気の必要性

職場で急に馬鹿にされ始めるには、何かきっかけがあるはずです。

では、職場内で同僚をいきなり馬鹿にし出すきっかけをつくってる人は一体何を考え、どうしてそんな悲しい行動をするようになったのでしょうか?

その人なりに、理由はあるのでしょうが良くない事は良くないと認識を改めて頂く事が職場の空気をよくし、職場内にいる方々が働きやすい場所になる為の必要条件であると思われます。

職場内で人を馬鹿にしてしまう人にも特徴がありますが、自己評価が高い・短期でワガママ・何故か目立つのが好きで注目をされたい・常に何かの中心を好むなど、分かりやすいくらい自己顕示欲の強い人が多いです。

でも馬鹿にされて悲しい思いをされてるに方は、自分がその誰かに対して何もしてないのに・・なぜ突然こんな酷い扱いを受けるか疑問に思ってしまいますよね。

逆に今まで何の感情も持ってなかった特定の誰かを中傷の的にして馬鹿にし始めた人に、なぜその人を馬鹿にするのか具体的にきいても的の外れた返答しかかえってこない可能性もあります。

人を傷つければ、いつか違う形で自分にその痛みがかえってくる可能性もあるので、理不尽な理由で落ち度もなく一生懸命頑張ってる同僚や職場内の誰かを安易に傷つけてしまう行動はとらない方がいいのではないかと思います。

職場の同僚や後輩を笑いものにして憂さ晴らしをしてる方に対して、馬鹿にされて傷ついてるだけでは、状況の改善にならない場合もありますよね。

時には、辛い現実と向き合う強さと勇気も必要です。

自分を馬鹿にして笑ってる同僚に対して、卑屈になる必要はありません。

状況にもよりますが、何があっても毅然とふるまい自分に自信と誇りをもち堂々とする事で今まで貴方を馬鹿にしてた同僚も周囲の人たちも、自分たちが人として恥ずかしいあるいは大人げない事をしてたことに気づいてくれます。

馬鹿にされて泣くより上手にかわせる強さをもとう

職場でバカにされた時に、どういう対応をするかで周囲の視線も自分の守り方も変わってきます。

今まで馬鹿にされて自分を責めたり、泣いてしまってた方もいるかもしれません。

でもそれでは今後も何も変わりません。

馬鹿にしてストレス発散をしてる人は、弱ってる貴方をみて楽しんでるのですから相手の思い通りになるのはよくないです。

むしろ、相手か貴方を馬鹿にし始めた時に反撃をするくらいの強さあるいは笑い返す余裕を持つことができれば、今まであなたを馬鹿にしてた同僚も一歩下がってそれ以上してこなくなるでしょうし、職場の空気も良い方向に変わってきます。

何より今までしてこなかったあるいは出来なかった事が1つでもできれば、自分への自信にもつながります。

気持ち新たに身についた自信は、あなた自身を新しいステージに導くきっかけにもなりますし、楽しく明るい生活をおくれる重要な要素にもなります。

馬鹿にされた時に下をむいて悲しむよりも、自分を責め続けるのでもなく自分の中に他の誰にも傷つけられず壊されない自分だけの強さ・揺るぎない強い心をしっかり持つことで、何事にも動じないあなた自身の大きな魅力になります。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事