「仕事がうまくいかないなあ~」と感じて、ストレスになる事は誰にでもあるのではないでしょうか?

そんな方に向け、そのストレスを克服し、乗り越える方法をお教えします!

仕事がうまくいかない時は、成長のチャンス!

仕事ができない「仕事がうまくいかない」と感じる事は、成長のチャンスという事が言えます。

なぜならば、「仕事がうまくいかない」という問題意識を持ってそれを何とかしようと考えているからです。

世の中には、ミスをしても全く「自分の責任」とは考えていない人もいるのです。

ですので、今はツラくとも、諦めずに仕事を改善してゆけば、必ず次の道が見えてきます。

その時になって、あの時のつらさは、この成長のために必要な事だったのだ、と思える事でしょう。

ぜひ、そうなるように何とかこの難局を乗り切りましょう!

仕事がうまくいかない時にストレスを克服し乗り越える方法

ストレスを乗り越えるここでは、仕事がうまく行かない時のつらい気持ちやストレスを和らげる方法、具体的に困難を乗り越えてゆく方策についてご紹介します。

「困難は誰にでもある」と考える

まず、「困難は誰にでもある」と考えましょう。

仕事がうまくいっていないと、「周りは仕事が順調そうだなあ・・」「(周りは)楽しく仕事やっていて、なんで自分だけ・・」と考えてしまいがちですが、決してそんな事はありません。

誰にでも、つらく大変な時があるものです。

むしろそういった事を表に出さずに我慢しながら仕事をしている人の方が多いのです。(あなたがそうであるように)

そう思えば、気分がだいぶ楽になるのではないでしょうか?

また、どんなに自分が好きな仕事であっても、苦労はつきものです。

苦労8割、喜び2割ぐらいで考えていると、過度の「期待」が取れて楽になりますよ。

つらくてもやり続けると、突き抜ける瞬間がある

誰にでもつらい時があります。

しかも、トラブルやミスは立て続けにやってきます。

「なんで自分だけ・・」と悲観的な気持ちになるのも分かります。

ただ、そこを我慢してやり続けると突き抜ける瞬間があります。

それまでの苦労やストレスが全部自分のスキルや精神力に転換していて、一回り大きくなった自分を実感できます。

「禍福はあざなえる縄のごとし」という言葉があります。

「災いと幸福は縄のように表裏をなしているので、かわるがわるやって来るものだから一喜一憂することはない。」という教えです。

逆な言い方をすれば、「つらい」状況がずっと続く事はなく、災いの後にはかならず幸福がやってきます。

これは、数学的な統計手法においても証明されています。

「ポアソン分布」という言葉をご存じでしょうか?

まれに起こる事象について論じる統計学の手法で、簡単に言えば「まれに起こる事象は、連続して起きるか、全く起こらないかのどちらか。」という事です。

これは平均という概念に慣れきっている現代人には、新鮮に感じるのではないでしょうか?

仕事のミスやトラブル(つまり、まれな事象)は、波のように連続してやって来ます。

ただ、それが永遠に続く事はなく、突き抜けてしまえば、逆に「何も起きない平穏な時期」が長く続きます。

つらい時期を我慢してやり続ければ、一回り大きくなった自分を実感できる事でしょう。

つらい時は、ご飯を食べるように「習慣化」する

前節で、「仕事がうまく行かない時期はあるが、突き抜けてしまえば平穏な時期を過ごせる。」というお話をしました。

ただ、そうはいってもその時期はとてもつらいものです。

特に、その当事者にとっては、目の前のトラブルや仕事をこなすだけで精一杯なので、近視眼的になってしまい、長期的視点で見る事もできません。

このような時期をうまく乗り越える方法はないものでしょうか?

このような時期に仕事をやり続けるには、「習慣化」が何よりも大事です。

個人的な体験を申し上げます。

わたしも当然仕事がうまく行かない時があります。

「会社に行きたくない・・」「会議には出たくない・・」などと朝起きると思います。

ただ、朝起きて、顔洗って、ご飯食べて、着替えて、家から出る、電車に乗る、という行為はほぼ習慣化されているので、ほぼほぼ自動的に進行してゆきます。

頭の中では、「今日の会議怒られる、どうしよう・・」と考えているのですが、気がついたら電車に乗っていた、という事が良くありました。

そうすると、不思議なもので意外に会議で褒められたり、何事もなく終わってしまう事も良くありました。

仕事がうまく行っていないというのは、半分は自分の「不安」から生まれてきているのかな?と思う事がありました。

このように、つらい事やストレスがあっても、やり続ける、直面し続けるという事はとても重要です。

直面を止めて逃げてしまったら、それ以上動かなくなってしまい、辛い気持ちはつらいまま、ストレスはストレスのまま残って続いていくことになります。

そうならないために、直面をし続け、結論を出す必要があります。

結論を出すというのは、なにも「仕事がうまく行く」事だけではありません。

どうしてもうまくいかない、スキルが足らないのであれば、撤退するのも立派な「結論」なのです。

このように、逃げたい、止めたいと思う事象は、「習慣化」して直面し続ける事がとても大切です。

そして「結論」を付ける事で、初めて人は前に進む事ができるのです。

ただ、限度はあります。

その辺のお話は「あまりにも辛ければ、一時撤退もあり」の項で詳しくお話したいと思います。

スキル・経験不足を感じたら「教えてもらう」事!

仕事がうまく行かない時、自分のスキルや経験が足らない場合があります。

こうした場合、どうしたらよいのでしょうか?

そういった場合、遠慮無く人に教えてもらいましょう。

私も実は人に相談するのが苦手でした。

「そんな事も知らないの?」と言われるのではないか?という不安があったので、なるべく自分であれこれ調べて、どうしても分からない部分を聞くという感じでした。

ただ、聞くと8割方「あーあれね、○○して△△すればいいよ!」といった感じで、数十秒で終わってしまう場合が多く、あれだけ悩んで調べたのがばかばかしくなる程でした。

もちろん、安易に人に聞かずに、自分で調べるというのはとても大事な事でもあります。

ただ、実は仕事の多くは、規定や手順書に記載されている事よりも、「ノウハウ」の方が圧倒的に多いのです。

こうしたノウハウの部分は、どこにも記載されていないので、当事者に聞くしかありません。

優秀な人ほど、人に頼ったり、人に聞くのがうまい人である、と個人的体験から思っています。

逆に、人に「教えてもらう」のが苦手な人がいます。

こうした人の多くは、とてもプライドが高い人です。

心の中では、「こんな事、恥ずかしくて聞けない。」と考えています。

特に、仕事がうまく行かない時は、精神的にもまいっていますから、人に教えを請う、という事はプライドが邪魔してできないものです。

ですが、こういう時こそ、勇気を持って「教えてください!」と言ってみましょう。

意外に簡単に解決するかもしれませんよ。

不安を消し去り、前向きになる考え方

仕事がうまく行かない時は「あれを失敗したら終わりだー」「今度こそ失敗できない」といった感じで不安に押しつぶされそうになっていませんか?

そんな不安を消し去る方法がいくつかあります。

まず一つは、「自己中心的」に考える事です。

自分のしたいようにする、という事です。

例えば、「今度こそ失敗できない」という考え方は、「これを失敗したら、上司の評価が落ちてしまう」「顧客から信用を無くしてしまう」という「他人からの評価」を気にしているのではありませんか?

そうではなく、「自分がどのようにしたいか」だけを考えるようにしましょう。

不思議なもので、こうした「不安」だらけの人よりも、「自己中心的」な人の方が魅力的に写るので、結果論として交渉や物事がうまく進む事があります。

逆に「不安」は不安を呼び込み、ささいな事でも不安になってしまい、収集がつかなくなります。

「不安」ばかりという人は、基本、相手の気持ちを考えたり、思いやりのある細やかな人が多いので、少し「自己中心的」に振る舞ってみると丁度バランスが取れて良いでしょう。

もう一つは、「仕事」の事は忘れる時間を作りましょう。

「不安」は不安を呼び込むと先ほど書きましたが、「不安」な事を考え続けても、基本的に良い事は何もありません。

むしろ、より誇大的、妄想的に働き、ありえない事まで考えるようになってしまいます。(例:些細なミスなのに、会社を辞めさせられるかも、と思考するなど。)

このような不安の連鎖を止めるには、「考えない」事がとても重要です。

余暇を作って「仕事の事を考えない」時間を作りましょう。

もちろん、土日でもよいのですが、なるべく1日の内で3時間程度はこうした時間があると良いですね。

例えば、家に帰ってから寝るまでの時間帯は、よい睡眠を取るためにも、仕事の事は忘れてリラックスしてみましょう。

もし、何もしないと「仕事」の事を考えてしまう、という事であれば、ゲームしたり本を読んだり軽作業をしたりするのもよいでしょう。

とにかく、仕事の事はすっぱり忘れてください。

そのためにも、家に仕事は持ち込まない方がいいでしょう。

どうしてもやりたい場合は、朝に持っていきましょう。

あまりにも辛ければ、一時撤退もあり

仕事がうまくいかなくても、我慢して続けて欲しい、と何度か申し上げましたが、やはり限度があります。

体力的、精神的にも限界である、と思ったら、「撤退」を考えましょう。

一番気にして欲しいのは、「睡眠」です。

仕事がうまく行かない時は、色々不安で「寝付き」が悪い場合もある事でしょう。(あるいは中途覚醒が多いという場合もあります。)

ただ、どうにかこうにか「睡眠」は取れている、あるいは土日で睡眠負債を解消している、という事であれば問題ありません。

ただ、睡眠不足+慢性的な疲労感が2週間以上持続しているような場合は、注意が必要です。

また、気分的な落ち込みが激しい、朝仕事に行きたくなく、お腹が痛い、吐き気がして電車を降りてしまった、などの身体症状や気分が持続しているようであれば、やはり「撤退」をお勧めします。

まずは、有給休暇を取って、迷わず休んでみましょう。

2~3日休んでも、あまり症状が改善しないようであれば「心療内科」などの受診をお勧めします。

とにかく、こうした気分や症状は、あまり軽視せず、本当につらいようであれば、迷わず休暇を取る事を強くお勧めします。

仕事がうまくいかなくても、しばらく我慢してみよう

乗り越える人仕事がうまく行かない時は誰にでもあります。

また、その時期は突然、それも連続して降りかかってきます。

それに負けないように行動を習慣化して、困難に向き合い続けましょう。

最初は何をやっているか分からないような嵐の中にいると思えても、そのうち雲の隙間から光がさすように、自分の方向性が見えてきます。

そして、完全に晴れ上がった空の下で、一回りも二回りも大きくなった自分を実感できる事でしょう。

ぜひ、そう思えるように頑張ってください!



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事