今回は、グランドスタッフ(空港勤務)に転職したいとお考えの方、グランドスタッフになりたいけどハードルが高そうとお考えの方に航空業界未経験で大手航空会社のグランドスタッフに実際に転職した経験を元に、採用される志望動機や自己PRをご紹介させて頂きます。

応募する航空会社の応募資格に年齢制限がない限り、転職に年齢は関係ありません。

志望動機や自己PRは採用に大きく関係してくる事項ですので参考にして頂けたらと思います。あくまでも参考例文ですので、例文を元にあなたオリジナルの志望動機や自己PRを作成しましょう。

志望動機

志望動機はどの企業からも質問される事項です。特に、転職する際の採用試験では何故今の仕事から転職するのか理由を必ず聞かれます。未経験で航空会社を受験する際も同様です。そのためにも何故航空会社であるのかという志望動機をしっかりと固めておくべきです。

航空会社志望動機例文

私が御社を志望させて頂いた理由は、飛行機が好きだからです。
小さい頃から目にしていた青い空に悠然と飛行する青いマーク飛行機。空港付近に住んでいた私は何度もその姿を目にしました。いつかあの飛行機に乗ってみたいと思い初めて御社の飛行機に搭乗したのが7歳の時でした。いつも飛行機を見に行く空港なのにいつも行く空港とは違う感覚でした。空港に行くとカウンターにグランドスタッフの方々が笑顔で対応して下さいました。小さいながらグランドスタッフの方々がキラキラと輝いて見えました。私もここで働きたいと思いました。15年経った現在もその気持ちは変わりません。私もお客様に笑顔と希望を与えられるようなグランドスタッフになりたいと思い、御社を志望させて頂きました。更に、顧客満足度が高く、サービスの質をとことん追求する御社でノウハウを学び最高のサービスを提供出来る人材になりたいと考えております。

私は、子供に誇れる仕事がしたいと常々思っていました。
3人の子供に恵まれ、子供たちも日々成長しているなかで、子供たちが大好きな航空関係の業務に携わりたいと考えるようになりました。「パパは飛行機を安全に飛ばすチームの一員として働いているんだよ」と子供たちにも胸を張れる父親になれるよう、未経験ではありますが見て学び、聞いて学び、自分のものにしていき1日でも早く御社に貢献できる人材になり、1人でも多くのお客様に笑顔を届けられるグランドスタッフなりたいと思い御社を志望させて頂きました。

自己PR

自己PRは、あなた自身がどういう人物であるかをあなたが見えない状態で企業側に伝えなければなりません。

ですから、あなたの自己PRを読んで、こんな感じや雰囲気の人なんだと企業側の人事の方々に思わせなければなりません。

かと言って、嘘の自分像を書いたところで面接の時にあなたが苦しくなるだけです。等身大のあなたを想像させるような自己PRが書けるように何度も考えて下さい。あなただけの自己PRが完成すると思います。

航空会社自己PR例文

● 私には3つの強みがあります。まず1つ目に、対人対話能力が高いことです。私は人とコミュニケーションを取ることが好きで、語学についても英語と中国語、韓国語を独学で学び、日常会話程度であれば話すことが出来ます。御社の業務や業務外でもこの能力を活かすことが出来きると思います。2つ目に、粘り強いことです。私は与えられた仕事は当たり前ではありますが、どんなに困難でも最後まで責任を持って粘り強く対処し、解決するまでやり続けることが出来ます。自分の得手不得手のジャンルはそれぞれありますが、不得手なジャンルでも地道に試行錯誤しながら粘り強く対処することで自分自身の成長につながると捉えていますので御社の業務でそのような場面に遭遇したとしても対処できると思います。3つ目に、記憶力には自信があります。特に飛行機の会社名や便名は何度も足を運んだこともあり、御社の飛行機であれば便名と行き先まで答えることが出来ます。記憶力は業務を遂行する上で様々な場面で活用できると考えております。以上が私の強みとなります。
●私の強みは、まず始めにネバーギブアップ精神です。私は、英語と中国語と韓国語の3か国語を日常会話程度であれば話すことが出来ます。英語と中国語については、グランドスタッフの業務において役立つと思い独学で学び話せるようになりました。韓国語を独学で学んだのは本場の韓国料理を韓国で食べたいので韓国語を話せるようになりたいという理由からでした。半年間ひたすら韓国語を独学し、大学の韓国語の講師に会話練習をして頂き、話せるようになりました。目的を達成するために努力を惜しまず達成するまで諦めないネバーギブアップ精神があります。次に、体力的にタフであることです。精神的にはネバーギブアップ精神があり、体力的にはタフネスです。私は、14年間野球をしていました。野球では多くの事を学ばさせて頂きましたが、やはり体は資本であるということが一番の学びでした。仕事を行う上でも、体調管理が出来ていなければ最高のパフォーマンス、最高のサービスを提供することが出来ないと考えております。グランドスタッフの業務は体力的にも大変な業務であるのでタフさが自慢の私は御社において活躍できると確信しています。

例文を参考にグランドスタッフへの転職を成功させよう

今回は、グランドスタッフ(空港勤務)に転職する際に、実際に書類選考を通過した志望動機例文や自己PR例文を掲載させて頂きました。

ただ、この例文が100点満点ではありません。足りない部分であったり、少し抽象的な部分があったり、様々な改善点はあると思います。

大切なのはあなたがどんな人物であるかが、少しでも写るような志望動機や自己PRを作成すれば、採用への道は近付くと思います。あなたが作ったあなただけの文章を企業側に伝えて下さい。きっと、企業側に伝わり、いい結果に結び付くと思います。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事