就職活動で常に上位の職種の航空会社!実は新卒だけではなく中途採用も多く採用しています。

新卒で諦めて別の会社に入社した方でも、未経験の方でもまだまだチャンスは転がっています。

今回は、航空会社へ転職を考えている方々に、実際に未経験から中途採用された経験を踏まえて中途採用に合格するコツをお伝えさせて頂きます。

航空会社の仕事って何?

毎年、就職活動で入社したい企業ランキングで上位にランクインするのが航空会社です。

パイロットや客室乗務員等の人気の職種の他にも航空会社ではどのような業務があるのかを出来るだけ詳しくお伝えさせて頂きます。

事務系

事務系のお仕事は多岐に渡り、それぞれの部門がお客様のニーズに沿った業務を行わなければなりません。

部門別に分かる範囲でお伝えすると、総務・財務・法務・広報・人事・商品企画・旅客販売・品質管理・運航管理・安全管理・市場調査・経営管理・路線収支管理等、事務系だけでもかなり細分化されています。

この事務系の中にあなたも見たことがある空港勤務のグランドスタッフが含まれます。

グランドスタッフは、空港に勤務し、利用客に対するさまざまなサービスを提供する仕事です。

主な業務は、チェックインカウンターでの航空券の発券や荷物の受け取りなどを行う「搭乗手続き」と、乗客をスムーズに誘導する「搭乗案内」の2種類に分けられます。

技術系

技術系のお仕事は主に整備関連の業務になり、空港の格納庫で航空機の整備に携わったり、専用の工場でエンジンや部品等のメンテナンスをする現場作業員の2つがあります。

また、生産管理や品質管理、整備企画といった裏で航空機を支える技術系のお仕事もあり、整備するだけが業務ではありません。

パイロット(自社養成)

日本の大手航空会社2社は、パイロット候補の人材を自社で雇い、養成を行います。
パイロットになるためには、大学卒業以上の学歴や健康状態に条件があり、特に健康状態に関しては厳しくチェックを受けます。

健康状態については、航空会社によって変わってきますので、しっかりと航空会社のホームページで確認してから受験をしてください。

客室乗務員

客室乗務員のお仕事は、航空機内にお客様と共に同乗し、機内でのサービス全般及び保安要員としての業務があります。

学部学科は問わず大学卒業以上の学歴、高い語学力、コミュニケーション能力、笑顔等のスキルが求められます。

入社後には座学研修や実務訓練、機内訓練等の厳しい訓練があり、その訓練を乗り越えて一人前の客室乗務員となります。

未経験で航空会社に転職って出来るの?

航空会社のお仕事については要点だけまとめてお伝えさせて頂きましたが、次にいよいよ、航空会社の転職は未経験でも可能なのか?中途採用を受験する際に、どのような事に留意すれば採用されるかを私の経験を元にお伝えさせて頂きます。

転職する理由

まず、皆様にお聞きしたいのは何故転職をしたいのか?今の会社を辞めて航空会社に転職したい理由を明確にしなければなりません。

「航空会社に憧れるから転職したい」「飛行機が好きだから…」「旅行するのが好きで良く飛行機に乗っていて…」等のネットに掲載されているような漠然とした志望動機だと、面接官には突き刺さりません。

まず始めに考えるべきは、転職する理由です。

これを明確にして、自分の言葉に変えて面接官に伝えることが大切であり、綺麗な言葉を並べる必要はありません。

拙くても熱意を込めて堂々と話すことが大切です。

何故!中途採用を行うのか?

これは社会人経験をすることで得た知識やスキルを即戦力の人材として採用したいと思っているからです。

航空会社は定期的に、社会人経験や中途採用、第二新卒の採用を募集しており、受験資格は特に設けられておらず、航空会社を経験した方々でも受験できますし、未経験の方でも受験できます。

実際に転職する前は、ブラックな中小企業の営業会社に勤務していた方でも、航空会社に採用された例はあり、経験や未経験は関係ありませんし、学歴も旧帝国大学や早慶、関関同率立、MARCHのような有名大学でなくても十分に中途採用の可能性はあります。

つまり、学歴は関係ないと思いますし、どれだけ自分の熱意を面接官に伝えることが出来るかが鍵になると思います。

実例として未経験で学歴も特に良いわけでない20代の男性が、3社の航空会社を中途採用で受験し、3社とも採用された事もあります。

現在その方は、その中の1社でグランドスタッフとして他のグランドスタッフの中でも中心的な存在として、自分が本当にやりたい仕事と出会い生き生きと仕事をしています。

中途採用試験の対策

中途採用試験は、新卒時の就職活動とは違い、面接試験に比重を置く航空会社が多いです。

ただ、筆記試験や適性検査はもちろんありますし、それ以前の書類選考もありますので1つずつ突破していかなければなりません。

今回は、航空会社に転職したい方の少しもお力になれればと思いますので、実際に未経験から航空会社に中途採用された例を元にアドバイスさせて頂きます。

書類選考

まずは、企業に提出する書類になりますが、大手航空会社の中途採用の場合には、指定の履歴書及び職務経歴書等を提出しなければなりません。

履歴書で気を付けることは、誤字脱字をしたり、虚偽の経験を書いたり、中でも特に気を付けてたいのは「この人に実際会ってみたいな」と書類選考をする人事部の方に思って頂けるような履歴書を作成することです。

航空会社への中途採用希望者は、特別な経験をした訳でもなく、凄い経歴を持っているわけでもない場合もあります。

では、履歴書には何と記載すると良いのかというと、「大学生活で一番頑張ったことは何ですか?」の質問に対しては、

『大学生活において最も力を入れたことは、アルバイトです。

何故なら私にはある目的を達成するために資金が必要だったからです。

私は中学2年生の時に初めて航空会社に勤務したいと思いました。

その時から、これまで目的を達成するために貯金を行ってきました。

その目的とは、大学卒業までに47都道府県の空港を巡ることです。

地方や都市部でどのような接客の違いがあるのかなど、グランドスタッフを目指す私にはとても関心がありました。

とてもハードなスケジュールでしたが、地方の空港から巡り、大学3年の始め頃には36都道府県の空港を訪れました。

残り11県の空港も必ず大学卒業までに訪れるためにも、引き続きアルバイトで資金を貯めていきたいと思います。』

と、このような感じで書くと良いでしょう。

この文章を読んだときに、人事部の方々がどう思うかを想定して記載するのがポイント。

きっと人事部の職員であればこう考えます。

「中学2年生の時に航空会社に勤務したいと思われた理由は何ですか?」、「36都道府県の中で一番接客サービスが良かったのはどこでしたか?」、「残りの11県はどこを回られてないんですか?」、「どれくらいの資金が掛かりましたか?」等の質問をしてみたいなと思いますし、実際の面接でも同じような事を聞かれるケースが多いでしょう。

少しでもこのような事を人事部の方々に思わせることが出来れば書類選考は必ず通過すると思います。

筆記試験

航空会社の筆記試験はSPIや適性検査が多い傾向にあります。

対策としましては、SPIの問題中を1冊ご購入頂いて、何度も解くことです。

SPIに関しては、スピードと正確性が必要となる問題も多いため、数をこなして試験に臨むべきだと思います。

適性検査については、「はい」「いいえ」等の質問に対して、答えるものですが、ここで虚偽の解答をすると、診断結果に虚偽の申告をしている可能性あり等の結果が出たりしますので十分にお気をつけ下さい。

志望動機

志望動機は、何故グランドスタッフになりたいのかと何故A社ではなくB社なのかの明確な理由を書く必要があります。

グランドスタッフの何になりたいか等の具体例を挙げながら、A社ではなくB社を選んだ具体例(サービス内容、自分の体験談等)を交えながら書いてください。

職種別に志望動機を説明していないようなネット等に掲載されているような理由だと人事部の方々には見抜かれてしまいますので、それぞれの職種や専門的な知識が書いてあるサイトや本を参考にし、自分なりの言葉で考えてみてください。

まとめ

長くなりましたが、最後までお読みいただきましてありがとうございました。

航空会社への転職活動は未経験でも成功しますし、ネガティブな固定観念は持たないで下さい。

あなたが航空会社で本当に働きたいのであれば、その熱意を書類に記載し、想いを面接で一生懸命にぶつけて下さい。

そうすれば、きっと明るい未来がひらけると思いますし、本当にやりたい仕事であなたが生き生きと毎日を送る事ができるでしょう。

未経験の職種への転職は不安や悩みが沢山あるとおもいますが、あなたの勇気ある一歩が、あなたの人生、未来を変えるので前向きな気持ちで頑張ってください。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事