毎年、就職活動で人気の高いのが航空業界です。

その中で今回はグランドスタッフ(空港勤務)になるためにどうするべきか?グランドスタッフの採用試験の内容や面接で聞かれる質問は何か?採用される人のポイントについてご紹介します。

グランドスタッフになる為には

グランドスタッフになるためには高校卒業後にエアラインの専門学校に通学し、卒業後に航空会社を受験するもしくは、一般の大学(国公立、私立)や短大に進学し卒業後に航空会社を受験者する方法、中途採用での入社があります。受験資格等の特別な資格はありませんが、高いコミュニケーション能力や語学力が求められることは間違いありません。

航空会社のグランドスタッフの倍率は、様々な業界の中でも高いです。

何の下準備もなく受験しても採用には結び付きません。

資格の取得やインターンへの参加やることは沢山あります。

そこで、どんな資格を取得すべきかやインターンについてお伝えさせて頂きます。

資格の取得

最近の航空業界では、受験資格として、「英検2級以上」や「TOEIC550点以上」等の規定を設けている航空会社あります。

語学力が求められる職場であるので、英検やTOEICの取得は確実にしておかなければなりません。

その他の資格としては、第二外国語検定(中国語、フランス語、ドイツ語等)があります。外国人観光客の増加に伴い、英語以外の語学が堪能であることは採用試験では有利となります。

語学以外では、接客サービスマナー検定や通訳案内士等も取得しておいて損はありません。

インターン参加

これは専門学校や大学在学中に、航空会社のインターンに参加するというものです。

実際に勤務することで、肌で現場の空気を感じることが出来ますし、現場の生の声を聞くことが出来ます。

また、イメージしていた仕事とイメージとは違った仕事がはっきりすると思います。

あなたと企業とのミスマッチをなくすためにもインターンへの参加は自分自身の経験としてプラスになることは間違いありません。

グランドスタッフの採用試験

次に、グランドスタッフの採用試験についてお伝えさせて頂きます。

グランドスタッフは地上職事務系や総合職事務系、グローバルスタッフ事務系等の航空会社により呼称は違います。

採用試験は各航空会社で受験をし、書類選考や筆記試験、面接試験、適性検査等の試験を通過された方が採用となり、航空会社のグランドスタッフとして勤務することになります。

採用試験の細かな流れについては以下の通りです。

WEB適性検査、書類選考

まずは、航空会社に登録し、開設されたあなたのマイページ上で、航空会社の指定するWEB適性検査を受験します。

このWEB適性検査については対策というよりも適性検査であるので、正直にありのままの回答をすることが一番です。自分をいい人に見せようとすると、診断結果に虚偽の回答をしている可能性ありなどと出る恐れがありますので気を付けて下さい。

次に、書類選考です。

航空会社には、約1万通のエントリーシートが送付されてくると言われています。

そういった中で、書類選考を通過するために絶対犯してはならないミスが誤字脱字です。

あなたがどんなに一流大学であろうと、素晴らしい経歴をお持ちであろうと、提出する書類が雑であったり、不備があったりすると書類として成立しません。

つまりは書類選考を通過する事が出来ません。

書類選考は、航空会社にあなた自身をアピールする最初の機会です。

一言一句神経を集中させて、あなたの想いを書類にぶつけなければなりません。

嘘を書いたりするのではなく、あなたがこれまでに一生懸命に頑張ったことや経験してきたこと、グランドスタッフになりたいという強い気持ちを書いて下さい。

そうすれば人事部の方々もあなたの想いを汲み取ってくれると思います。

書類選考を通過しなければ本選考に進むことは出来ませんので最初の鬼門を突破できるように頑張りましょう。

筆記試験

筆記試験はよく就職活動の第一関門と言われます。

航空会社によって筆記試験の種類は変わります。一般常識や時事、SPI3等の試験を実施する航空会社もあれば、航空会社独自の適性検査を実施しているところもあります。

あなたが受験する航空会社の筆記試験はどのような形式であるかは、企業研究やネットの口コミ、就職四季報等で情報収集する必要があります。

本屋さんの店舗などには多くの就職活動関連本や一般常識や時事の本、SPIの問題集等があります。

何冊も購入するのではなく、2冊程度を何度も繰り返し解き直すことで筆記試験対策は十分です。筆記試験はマークシート形式が多いので、受験する航空会社で筆記試験が実施される際には、鉛筆を持参することをオススメします。

分からない問題があっても、必ずどれかにマークして下さい。分からないからといって未記入はもったいないです。

面接試験

グランドスタッフは、人と接することが殆んどであるため、人物重視の採用が多い傾向にあります。

その為、面接試験を複数回実施します。大手航空会社になると、3回から4回の面接試験を実施しています。

それだけ、面接試験に比重を置いているということです。例えば、某大手航空会社の面接試験は、1次試験がグループ面接、2次試験と3次試験が個人面接、最終試験が役員面接という流れになります。

面接試験では、コミュニケーション能力や人柄を見られています。基本的には、エントリーシートに記入した事項に沿って質問されますが、1次試験と2次試験は面接試験というよりは雑談を交えながらの面談という印象が多いです。

面接試験は緊張する方が多いと思います。

緊張していて、なかなか力を発揮することが出来ないとあなた本来の良さを面接官に見せることが出来なってしまいます。

ですから、面接ではあなた自身がグランドスタッフになったつもりで面接官をおもてなしする感覚で面接をするといい面接が出来ると思います。

3次試験や最終試験となってくると、質問内容をより深く掘り下げて聞かれることがあるので、自己分析や企業分析は徹底的にしておきましょう。明るく笑顔で元気よくハキハキと面接を受験するように心掛けて下さい。

きっとあなたの良さを面接官に伝えることが出来ます。

航空会社で聞かれる質問

では、最後に航空会社で聞かれる質問事項についてお伝えさせて頂きます。

航空会社によっては質問事項は変わると思いますが、大手航空会社で聞かれる質問事項は大方同じですので参考にしてみてください。

そして、あなたなりの回答をしっかり考えて、あなたオリジナルの回答が答えることが出来るように練習して下さい。

1次試験(グループ面接)

●志望動機をお聞かせ下さい
●学生時代に最も頑張ったことは何ですか?
●学生時代にやり残したことはありますか?
●学生時代にした経験で得ることが出来たものは何ですか?
●その経験を弊社でどのように活かしますか?
●採用された際には、どんな業務に就きたいですか?
●自己PRをお願いします

2次試験(個人面接)

●今日はどうやって会場に来ましたか?
●志望動機をお聞かせ下さい
●他社の航空会社や一般企業を受けていますか?
●弊社を第一志望にしてくださった基準とかはありますか?
●趣味についての雑談
●自己PRをお願いします

3次試験(個人面接)

●志望動機をお願いします
●ご卒業された大学を受験した理由はありますか?
●あなたは弊社ではどのような仕事に就きたいですか?
●あなたは弊社でどんな人物になりたいですか?
●グランドスタッフに必要なことと何ですか?

最終試験(役員面接)

●あなたが企業を選択するときに必須事項はありますか?
●JALもしくはANAを受験されていますか?
●あなたにとって仕事とは何ですか?
●最後に何か一言ありますか?

最後に

ここまで長文をご拝読頂きましてありがとうございます。

今回はグランドスタッフの採用試験の内容や面接試験の内容等、採用ポイントをお伝えさせて頂きました。

航空会社で働きたい、グランドスタッフになりたいという強い想いがあなたを採用に導いてくれると思います。

学歴や経歴なんて関係ないです。あなたならきっと上手くいきます。頑張って下さい。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事