生命保険会社に就職して新しい気持ちでお仕事を始める事になった際に、保険営業の基礎と注意点について説明しますね。

ですが保険営業は自分で思ってるよりも過酷で、営業の仕事がキツクて耐えれないという理由から保険営業の離職率は業界ナンバー1といっても、過言ではない様です。

では保険営業の何がキツクて辛いのか?そしてその厳しい現状から保険の営業をいかに根気
強く続けられるか書きまとめてみました。

保険営業の仕事って本当にきついの?営業の辛い事って何?

保険営業の厳しい現実:営業ノルマが予想より厳しい・ノルマ達成できないと見えないストレスがたまりやすい・営業上手な同僚と比較される事もあります。

あまり契約が取れないと給料も下がったり(基本給は変わりませんが+@としてつく部分が大幅減額される可能性もあり)保険会社には一年に一回査定というものもありまして、契約件数があまりにも少なかったりすると、査定に通らなくなる事もあるそうです。

逆に保険営業を続けてて嬉しかったこと;お仕事として接するのは人なので、お話しを聞いたり相談されたり、悩みを打ち明けられたりと・・自分は頼りにされてると自信をもてるきっかけになります。

生命保険会社のセールスレディとお客様は人生のパートナーとも呼ばれてもおかしくない程お客様の現在・これから先の人生まで一緒に歩むこともあるお仕事ですのでお客様との会話の中にも大事で大切な信頼関係を築くためのコツがあるはずです。

保険営業のお仕事のキツさは、他の業種とは種類が違いますが、一生懸命頑張る事で咲かないと思ってた花も咲く可能性もあるので、何事も挑戦してみないと結果は出ません。

ですが、頑張り努力する事に無駄は決してありません。

保険営業のお仕事って何をすればいいの?

生命保険会社で働くにあたり、保険会社でのお仕事と営業での注意点・仕事内容の把握、仕事を通して学ぶこと等生命保険会社ならでは魅力と日々のお仕事内容を説明させて頂きます

①個人・法人に対して保険商品の提案をし契約を結ぶ

生命保険会社で働く際に重要視されるのが、いかにお客様のニーズをふまえお客様の意向にそった保険商品を紹介し販売をすることが保険営業の大事なお仕事です。

ではお客様におススメの保険をどうやって探し出すのかといえばまずは地道なヒアリングです。

足しげくお客様のもとに通い、お客様が何を求め・何に困ってるのか?これから先の人生においてどんな保険を必要としてるのかなどを、お客様と共に考え導き出すのが保険営業員セールスレディのお仕事なのです。

②新規契約やすでに契約をされてるお客様へのアフターフォロー

保険の契約の対象者は主に職域と呼ばれる官公庁や一般企業と呼ばれる部署と一般の個人客を受け持つ担当部署があります。

一般の個人客の担当はエリアと呼ばれ、各セールスレディに担当エリアを振り分けられますのでそのエリアに在住してる新規のお客様に顔を覚えてもらう為に何度か訪問をします。

もし訪問をした際にお留守だった場合には、その地域を担当する事になるセールスレディの名刺と一筆箋のようなものに、簡単に何かご挨拶に参りましたとの文書をしたためたものを一緒にして郵便ポストの中に投函しておくのもいいと思います。

お客様の方から気がつかれましたら、ご連絡をして頂ける可能性もきっとあります。

③保険営業を通して学ぶこと

保険のお仕事には色々な種類があります。

ですが、同時に営業を通してまなぶ事も多いと思います。

それは何かといえば、保険の営業はセールスレディである自分とお客様との1;1での人間同士のよりより関係を築きお客様から信頼をされる事

今まで保険を利用してない、もしくはどの保険会社とも契約をしてない方をお客様というのですが、そのお客様に新規の契約者になって頂きまして保険会社の営業レディの方がお話をして、そのお客様のタイプとか今現在あるいは今後必要になってくるであろう保険の種類を予測して、お客様を不快にしない様にお話しの中に説明を混ぜながら、保険の契約をするのが新規契約になります。

間違っても、自分の判断でこのお客様はこれでいいやと押し売りもどきをしてはいけません。

保険営業の年収(給与)は平均してどのくらい?

保険の営業のお仕事について、大まかに理解して頂けたのではないかと思うのです、お仕事をしていく際に、仕事内容での充実も大切ですがお給料の相場ってどうなってるのか気になりますよね?女性・男性・及び年代・営業(セールスレディといいます)と働いてる環境によっても収入相場は違ってきます。

今回は営業で働くセールスレディの給料相場をお教えいたしますね。

女性の営業(セールスレディ)の場合の平均月収は企業によっても差がありますが30代で平均45万円前後です。

では、どの年代が一番お給料がいいかといえば、やはり勤続年数が長く成績上位にもなると随分たくさんお給料も頂けるみたいです。

普通に働いてるだけでも、平均的に20代だと30万円・30代で45万円・40代から上で60万円と・・金額だけみると、すっごい高給取りで憧れてしまうのが良く分かります。

実際保険のセールスレディは楽して稼げるという評価があって、夢を持ち目標をたてて保険会社に就職するそうですが、実際の所楽して高給を頂けるところはなく保険会社も、たくさんの業務とお客様との契約を複数こなして、ようやくお給料もよくなるという・・・普通の会社と仕組み的にはあまり変わりがないです。

保険営業をしているとよくある悩み

保険営業のお仕事はとにかく体力勝負のお仕事です。

自分の目標の為に頑張って頑張って頑張りぬいてるのに・・結果が出ない事が多々あるそうです。

人から見てる頑張ってる姿と自分で一生懸命頑張ってるという空気には温度差もあるらしくて、どんなに努力して営業を続けても新規契約が結べないと後が色々大変らしいです。

では保険営業での悩みは、新規契約を結べない事だけなのか?と聞かれれば決してそれだけではないと言えます。

新規のお客様と保険の契約をして頂くためには、まずお客様との距離を縮める事です。

初対面で出会った時に、いきなり保険の契約の話をするとお相手の方も不審がって警戒してしまいます。

一度でも印象を悪くすると、そのお客様からは迷惑がられる事もあります。

お客様との接客方法も、会社で教えて頂く事もありますが・・結局が自分自身で場の空気に慣れながらも失敗もあると思いますが、それらを乗り越えて自分なりの接客を学んでいくしかありません。

では、保険の契約・営業・お客様との接客技術・ノルマとそれ以外に保険の営業をしていて困る事はないの?と気になる方もいると思います。

意外と気がつかない盲点的な事ですが、でも長く続くと痛手になるのが営業に回る際に使用する自動車の駐車料金とガソリン代です。

基本お仕事で使う自動車の燃料代と車を止めておくために使用する駐車場の料金は実費です。

なので、しっかり稼げるうちはいいですが・・稼ぎが悪くなってくると燃料代と駐車料金の工面がキツクなってきたという傾向も多い様です。

しかも経費負担はそれだけではなく、新規のお客様及びすでに自分の担当になってるお客様への贈り物とか菓子折り等も基本実費です。

後で経費で申告できますが、購入する時は自腹なので・・細かい部分で意外と経費が掛かるのは覚悟しておいた方がいいと思います。

保険営業はきつくて大変だけど、頑張れば認められる素晴らし仕事!

保険営業のすばらしさは、社会貢献であると同時にたくさんの人達の人生の支えになる事だと思います。

保険営業のお仕事を誇りにして笑顔で働いてるセールスレディの方はお客様との対応の中でどんなに忙しくてもお客様一人一人を大切にし、またお客様の相談にものりお客様目線で常に動いています。

自分には縁が遠いと思う事もあるかもしれない保険営業ですが、困ってる人を助けてあげたい・・支えになってあげたいと思われる方もいると思います。

優しいけど芯の通った強い女性でもあるのが、保険営業のセールスレディです。

そんな素敵な女性に一歩ずつ近づけるのが、生命保険会社の営業ではないかと私は思います。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事