店長経験があり、アパレル業界から転職を考えている皆さんは、

「これまでに獲得した様々な経験とスキルを、何とか年収アップや人生に役立てたい。」と考えていませんか?

そんな方に向け、未経験職種でも受かりやすい理由とおすすめの職種を解説します。

店長経験者が未経験職種でも受かりやすい理由

ブティックアパレル業界で店長経験がある皆様は、他職種や他業種においても非常に有利となる経験やスキルをお持ちです。

ぜひ、下記を参考にしていただき、自分のアピールポイントを把握して転職活動に臨んでいただけたらと思います。

売り上げ実績に対するシビアな感覚

店長であったあなたは、本店から売り上げ実績に関するかなりシビアな要求を受けてきたのではないか?と思います。

店長は、一般の店舗販売員や各業界の「営業職」に比しても、格段に重い責任を背負わされています。

どんなに売り上げ実績にシビアな会社でも、一般の営業職の人は「今月売り上げ伸びねーな。上司からすごい怒られるだろうなあ・・・いいわけ何とか考えなければ・・」と、どこか他人事に考えている人も多いものです。

店長(店舗責任者)は、そうはいきません。

もちろん、本店の部長から店長会議等でこってり絞られるのも確かですが、より具体的に売り上げを上げるための「行動」を求められます。

そして行動に結果が伴わなければ、店舗閉鎖などで、従業員の皆さんにも多大な迷惑をかけてしまいます。

つまり、売り上げ実績に対するシビアな感覚をお持ちで、常にそのための具体的な行動を取っているのが「店長」という職業です。

これは、ざまざまな業界の営業職(マネージャークラス)でも必須のスキルといってもよいでしょう。

ぜひ、アピールポイントとして活用してみてください。

店舗を回すマネージメント能力

店長さんは、いわば店舗経営者といってもよい存在です。

その業務は多岐にわたります。

売り上げ目標の設定、商品の仕入れ、在庫管理、販売員の教育・訓練、シフトの設定、商品ディスプレイの企画・指示などを行い、実績が落ちている、クレームがあったなどのトラブルや問題に対しても、具体的な対策を取り、その効果について判定・改善する責任を持っています。

こうした一連の企画立案、行動、効果判定を行って店舗を回していく事を「マネージメント能力」といいます。

こうした「マネージメント能力」を持っている事は、様々な業界や他職種においてもかなり有益です。

十分にアピールすれば、管理職(マネージャークラス)での転職も十分可能です。

また、店長さんの仕事には別の側面もあります。

それは、本社との調整(トレンドの把握、店舗の実績に関する説明など)という中間管理職的な立ち位置です。(自営の店舗では獲得し得ないスキルです。)

こうした、上層部(上司)との調整も、より大きな会社に転職するにあたってはとても重要な「マネージメント能力」の一つです。

色彩感覚やデザインセンスに優れる

アパレル業界である程度のスキルを磨いてきた皆様は、色彩感覚やデザインセンスも優れたものをお持ちです。

商品のディスプレイは、売り上げを左右する「生命線」といってもよいのではないでしょうか?

「あ、この着こなし(組み合わせ)かっこいいー」と思ってもらえればしめたものかと思います。

こうしたセンスは、実は様々な職種で必要となるスキルです。

例えば、商品の広告宣伝物の企画・作成などです。

どの業界でも、その会社の商品をどのような戦略で宣伝媒体に上げてゆくのか、パンフ、Web、CMなどすべての媒体においてそのセンスが問われます。

また、店舗デザインなどを考えてきた皆様は、インテリアデザインや空間的デザインセンスも優れたものをお持ちではないでしょうか?

そうしたデザインセンスは、家具メーカーやインテリアのアドバイザー、不動産会社などでも能力を発揮できるかもしれません。

色彩感覚やデザインセンスに自信のある方は、ぜひそういった職種にも挑戦してみましょう。

接客マナーに優れている

接客マナーは、店長のみならず、普通の店舗販売員でも必須のスキルです。

店長である皆様は、自身の接客スキルのみならず、新人の店舗販売員にも接客スキルを教育・指導してきたのではないでしょうか?

またクレーム対応などの難易度の高い対応は、率先して引き受けてきたのではないかと思います。

そうした、高度な接客スキルは、特に対人関係の仕事、営業、コンサルタントなどの職種で大いにアピールできる事でしょう。

体力と忍耐力の大きさ

アパレル関係の店舗販売員は、店長も含めて立ち仕事が基本です。

そういった意味では体力も一般事務職(デスクワーク)に比べて高いものをお持ちです。

また、店長は中間管理職的な立ち位置ですので、上からの突き上げ(売り上げの達成)、下からの突き上げ(シフト調整、人間関係のトラブル、指導に対する不満など)で、精神的忍耐力が必要だったと推察します。

こうした、精神的ストレスに対する強い耐性は、どのような業界や職種においても非常に役に立ちます。

「あの時のストレスに比べれば・・」と思えれば、どんな困難な局面にも対応できる事でしょう。

これだけある、アパレル店長経験者のお勧めの職種

女性管理職ここでは、アパレル店長経験者が未経験職種に転職する際、お勧めの職種をご紹介します。

店長経験者は、前章で述べたように、様々なスキルをお持ちです。

やる気さえあれば、どんな職種・業界でもやってゆける能力をお持ちです。(もちろん自己研鑽が必須です。)

以下は、特にダイレクトにスキルを生かせそうな職種を厳選してみました。

一般事務職(マネージャークラス)

対人スキルに優れた店長経験者には物足りないかもしれませんが「店舗販売は、体力的にきつかった。」「今後結婚して、時短勤務したい」などの場合、「一般事務職」はお勧めです。

一般の派遣や嘱託よりも、幾人かの部下を束ねる正社員(管理職)としての登用を目指した方が、より年収も上がりますし、マネージメント能力も生かせます。

一般事務員が苦手な、電話のクレーム対応などもお手のものではないでしょうか?

また、上司や他部署との調整、連携などにも優れた能力を発揮できる事でしょう。

一般事務職には、「営業事務」などのあまりスキルがいらないものもありますが、経験を積めば会社の心臓部に食い込む事ができる、経理部、法務部、特許部などもあります。

経験を積みながら、各種資格(日商簿記、弁理士、税理士、公認会計士)もぜひ目指してみてください。

これらの資格は、基本的には自前で事務所が開けるぐらいの高度な資格です。

営業職(マネージャークラス)

対人スキルに優れ、売上げ実績にシビアな感覚を持っている皆様は、やはり営業職はお勧めしたい職種です。

店長で培ったマネージメント能力も生かし、ぜひマネージャークラス(管理職)の求人にトライしてみる事をお勧めします。

「マネージメント能力を発揮するためには、その業界での経験が必要ではないか?部下がついてくるか心配だ。」という方もいるのですが、私はかならずしもそうでもないと考えています。

もちろん、自分が先頭に立って背中を見せるというのが典型ではありますが、マネージメント能力において「経験」は必ずしも必要ありません。

むしろ、信頼のおける参謀を味方につけ、その業界を別視野からみた自分なりの「販売戦略」を考案してみてはいかがでしょうか?

また、あなたが女性の場合、男性優位業界の「営業」はあまりお勧めしません。(金融、商社、ITなど)

むしろ、女性向けの商品やサービスの営業職の方が、より自分のセンスやスキルを生かせると思いますので、ぜひそちらをお勧めします。

Webや広告宣伝部門

アパレル業界にいた皆様は、優れた色彩感覚やデザインセンスをお持ちです。

そうしたスキルに自信がある方は、様々な商品の企画・宣伝部門の求人にトライしてみてはいかがでしょうか?

ある商品を開発したとします。

そして、その商品を市場で販売してゆくためには、商品名、キャッチフレーズ、パッケージデザインなどをまず考えなくてはいけません。

その後、どのような宣伝媒体を使うかなどが決まれば、実際のパンフやWeb媒体などを使って宣伝を行ってゆきます。

こうした、広告宣伝では、そのデザインや宣伝媒体の有効な活用方法が重要になってきます。

店長候補であった皆様は、こうしたスキルもお持ちではないかと思います。(店長ブログなどを行っていた方も多いのではないでしょうか?)

また、この職種は、イラストレーターやフォトショップなどの、業界では必須のデザイン系の知識も身に付けられ、Webデザイナーなどの資格も取得できます。

これらは「手に職」ですので、デザイン系に進みたい方には、とてもお勧めしたい職種です。

アパレル業界の制作・企画部門

アパレル業界にいた皆様は、店長から本社の方に移るというのも一つの選択肢です。

実際の服飾のデザインや商品企画を考える部門への転職です。

「自分で考えた服飾をお客様に売りたい」などの気概があれば、挑戦してもよい職種です。

もちろん、多くの店長さんが考える方向性ではありますので、狭き門ではあります。

コンサルタント・アドバイザー

接客スキルに優れた皆様は、アドバイザーやコンサルタントの仕事はとてもスキルを生かせる職種です。

この職種は、様々な業界にあり、資格も本当に様々なものがあります。

まず自分の興味のある業界の資格をいくつかピックアップしてみてください。

もし未経験でも取れる資格があれば、今からでも勉強を始めて資格を取得しておく事をおすすめします。

一点大事な事は、コンサルタント・アドバイザーは経験が必要という事です。

誰かにアドバイスしてもらいたい時に、「未経験ですが・・」という人にアドバイスしてもらいたいと思うでしょうか?

ですので、最初は一兵卒から色々な経験を積む事が重要です。

その後、ある程度部下を束ねる管理職にキャリアアップをはかります。

もちろん、服飾系のアドバイスが重要なアドバイザーの場合(結婚式場、ファッション業界の経営コンサルタントなど)、アパレルでの経験が十分生かせると思います。

アパレルでも店長経験があれば、やる気次第で幅広い分野に転職できます

会議女性アパレル業界での店長経験がある皆様は、どんな業界・職種でもやっていける万能のスキルをお持ちです。

それが「マネージメント能力」です。

これを必要としない仕事はないといってもよいでしょう。

もちろん、未経験職種の場合、「何も知らないくせに」と多少やっかみや嫉妬の目で見られる事もあることでしょう。(管理職になった場合、特に)

しかし、知らない事は知らない事として、丁寧に部下に聞く態度さえあれば、自然に組織に溶け込めますし、逆にその業界・職種の人が持っていない視点が大いに役に立つことでしょう。

やる気さえあれば、どんな業種・職種であろうとも恐れる事はありません。

ぜひ、理想を高く、自身を輝かせる転職を実現してください。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事