便利で様々な種類の商品があり、毎日のようにお客様が来店される事は店舗にとっても従業員の方にとっても、働く事に充実感をもてる環境であるのがコンビニです。

ですがそのコンビニの裏側といえば、表には見えない大変なお仕事が山ほどあります。

その仕事の大変さと過重労働の辛さから仕事に耐えれなくなり、コンビニを退職して新たな職場に転職を希望する雇われ店長やコンビニ社員の方は予想以上に多いのです。

コンビニで働き続けた雇われ店長やコンビニ社員の方が、将来性の見出せない今の仕事に見切りをつけて転職をする為に必要な事前準備の例を紹介します。

コンビニを退職し転職するポイント1・次の転職先の職場を探しておく

充実した仕事である反面過重労働が問題になってるコンビニの仕事ですが、コンビニの雇われ店長・コンビニ社員に対しての負荷は見た目より大きいですし重いです。

最初は我慢して頑張って耐え続けても疲労やストレスが蓄積して、動けなくなってしまうケースがあります。

動けなくなってから後悔するより、自分の意思で動けるうちにコンビニ以外の職種に転職できないか探すのも間違いではないと思います。

ではコンビニから他職種に転職する場合のポイントは何かといえば、今の自分に何ができるのか?自分の得意分野あるいは自分が本当にしたいことは何なのか?をきちんと把握しておくことです。

もうこの仕事は自分に向いてないし・・これ以上続けるの難しいと判断した時に早めに転職活動において、何が必要になるか必要な情報を集めなければいけません。

転職を決める事になるきっかけは人それぞれですが、コンビニの雇われ店長・コンビニ社員の双方に共通する悩みがあります。

それは基本的に自分たちに都合のいい休みもなければ、仕事がいつまで経っても終わらないという事です。

仕事に対しての拘束時間が他職種に比べると、異常に長い事・コンビニの雇われ店長・コンビニ社員に対してのノルマが重すぎる事等・・厳しい環境の中で負けず曲がらずに頑張りぬくと精神面ではかなり強くなりますよね。

一日中動き回るので体力もつくと思います。

ですが体力だけでは解決しない問題も多々あり、店舗の運営管理や商品の在庫管理・売れ残りが出ない様に、常に注意をしないといけませんし・・神経もすり減らす仕事です。

それ以外にもアルバイトの新人教育・業務管理・業態管理・店舗での商品の売れ行き等をコンビニの雇われ店長・コンビニ社員の方は自身の責任を持ってきちんと対応をしなければなりません。

仕事に対しての責任と周囲から自分に対して与えられた仕事をするのは当たり前という圧力は表現方法は違いますが、対象にされてる人に不快な思いをさせるという点では似てます。

自分で望んだ作業があっても、自分だけの考えではできないのも辛いですね

かといって相談できる相手もいないのも孤独になってしまう一つの要因でもあります

自分自身の考え方もありますが、大事な仕事を優先し過ぎて何より大切な自分の体を壊してまで仕事に責任を持ち続けるのはある意味不自然で間違いではないかと思われます。

コンビニの雇われ店長・コンビニ社員には、どういう仕事が自分達に向いてるのか?等今の自分達に合う仕事がわからないケースもあります。

今の仕事を退職して、新しい仕事に転職をするにしても自分に向いてる仕事は何なのか?がはっきり分からないと困りますよね。

自分のしたい仕事が実際できるかどうかも分からない・・でも挑戦だけはしてみたいと前向きに考えられるゆとりが心にあれば大丈夫です。

でもゆとりもなくて、精神的に疲れ果ててる方もいると思いますが、自分はここではない別の場所で働きたかったという考え方を持ってる方もいるでしょう。

もう今からだと遅すぎじゃないかなって、心配で不安になってしまって挑戦もできない・またはしない方もいます。

でも挑戦をするという前向きな姿勢はいつどんな状況でも必要になってくる時があります。

諦めずに必死に頑張る姿勢をみて、自分から動かなかった転職希望者の方も自分も頑張ってみようと勇気を与えてくれる存在になりうるのです。

新しく頑張りたいと思う前向きな気持ちと姿勢は、きっと素敵な新しい出会いを運んでくれて、あなたの今後歩いていく新しい道を照らしてくれるとても大切で大事に存在になるでしょう。

退職し転職するポイント2・キャリアアップを考え勤めてる間に資格をとる

コンビニの仕事に忙しすぎて周囲を見る時間もゆとりもないまま仕事を辞めようと決めて、退職をしたものの・・仕事経験がコンビニの雇われ店長・コンビニ社員しかない場合もあると思います。

職歴にコンビニの雇われ店長・コンビニ社員のみとはかけないですし・・資格も特にありませんとも言えないですよね。

コンビニではスキルを身につきますが、スキルは資格ではありません。

コンビニでの仕事を辞める事を決めた際に、次の仕事を大体にでもいいので形だけでも決まっていたら、その仕事について勉強をしておきますよね?

新しい希望転職先の情報を調べる事も大事ですが、新しいお仕事を始める際に仕事に必要な資格があったら、前もって資格の勉強をして取得をしとくのもいいかもしれないです。

仕事用の資格を持ってるかどうかだけでも、職場に求めてる人材かどうかの判断基準もわかれますし、面接で面接官の方によい印象を持っていただければ次のお仕事は予想より早く決まると思われます。

コンビニ経験しかなくても、働きながら接客スキルを身につけられていても仕事に役に立つ資格をいくつか所持してるだけで転職の際に、自分に自信ももてますし必要される人材にもなりうるのです。

退職し転職するポイント3・貯金を出来るだけ多く貯めておく

コンビニの雇われ店長・コンビニ社員として日々仕事に追われて、心にゆとりを持てないまま生活をしてると、将来性の事とか貯金の事とか考えるの忘れてしまいますよね。

今は仕事があるから後で時間の出来た時に考えるではダメなのです。

仕事以外の事に時間を使う余裕がなくなってしまった時には、もう心も疲れ果ててる時です。

そうなった時に、自分だけの逃げ口を残しておかないといつか必ず後悔してしまうでしょう。

将来を考える事も大事ですし、将来の為にも貯金をしとく事も大事なんです。

あまり多くなくても大丈夫だと思いますが、コンビニの雇われ店長・コンビニ社員としての仕事を辞めた時に、すぐに仕事が決まらなかったときに・・生活を支える資金が必要になります。

店舗のやりくりだけでも大変かもしれないですが、少し空をみる時間を持てたらこれから先の自分の将来を見据えて、少しでもいいから貯金する様にしてみようかなと考えてみるのも大切です。

新しい仕事を探す為の軍資金にもなりますし、ある程度貯金ができて心にゆとりが持てる素敵な仕事に出会えればいいですね

働きながら学んだ事を次に活かし転職活動を進めよう!

仕事が忙しすぎて、自分の事も周りの事も見る暇も持てないコンビニのお仕事ですが利便性が良く、周囲の人にも重宝はされます。

ですがコンビニで働いてる雇われ店長もコンビニ社員の方も一人の人間なんです。

疲れたらボーとしたくもなりますし甘いお菓子も食べたくなる時もきっとあります。

仕事におされて自分自身を見失ってしまうのは実に悲しい事ではないかと思います。

今の自分はとか考えずに、これから新しく生まれ変われる可能性は誰にだってあります。今に捕らわれず無限にある自分自身の未来を描き続けて欲しいです



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事