女性で社内SE(システムエンジニア)として働いてきた皆様は、

「ハードワークで残業も多い。もう少し仕事量を減らして自分の時間が作りたい。」

「SEのスキルを生かして、ステップアップをしたい」

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そういった方に向け、未経験でも転職できる異業種と失敗しない転職理由やポイントを解説します。

社内SEからの女性の転職:未経験でも転職できる異業種

転職社内SEとして働いている女性の方は、かなりのハードワークという方も多いのではないでしょうか?

勤務時間や待遇改善が目的の場合、一般事務職やアパレル店員など、SEのスキルを必ずしも使わない業種・職種に就かれる方も多いのが現状です。(寿退社も多いようです。)

ただ、皆さんはSEというある意味とても男性的(男性が多い、残業が多くてあたりまえ、何かきつい事があっても精神力で何とかしろ、と言われる)環境でがんばって来られた皆さんです。

それなりの矜持やプライドもお持ちではないでしょうか?

ここでは、「一般事務職」などの安易な転職はひとまず置いておき、何とかSEとしてのスキルを生かせるような業種を紹介して行きたいと思います。

IT業界:SIer企業

SEとしてのスキルをがっつり生かせるのがSIer企業です。

様々な会社の基幹システムや人事・財務・営業などの各種システムを納入するのが仕事です。

もちろん、納期が決まっており、それまでにはメンテナンスや社員教育なども含め実行して、稼働できる状態で引き渡しとなります。

会社によりハードの環境は様々ですし、いくつものシステムが平行に走っているような環境においては、プログラム同士のバッティングやバグも考慮しなければなりませんので、社内SEに輪をかけてハードワークです。

ですので、時短や残業の改善などを目的とする場合、お勧めできません。

SEとしてさらにスキルアップを図りたいという方には、お勧めできる業種になります。

場合によっては、コンサルティングや提案から入る場合もありますので、ITコンサルタントとしてのスキルアップを図る事もできるでしょう。

IT業界:その他IT企業

SEとしてのスキルを生かしたいが、ハードワークを何とかしたい、という場合にお勧めなのが他のIT業界です。

具体的には、自前でwebを介したサービスを展開している所です。

一昔前までは、こうしたサービスはゲーム関係、コミュニケーション関係(SNS)のみでしたが、その裾野は急激に広がりつつあります。(小売り、ホテル業、中古品(オークション)、動画配信(TV・CM業界と同意義)などなど)

そうした企業では「(サービス)商品としての、システム開発」が求められます。

こうした場合、もちろんある程度の期限はあるでしょうが、じっくりと腰を据えてプロジェクトを進行させる事ができます。

また、社内SEであった皆様は、ある意味決まりきったシステムをメンテナンスするだけなので退屈だったのではないでしょうか?

プログラマーと一緒になって、全く新しいシステムを構築する仕事は、SEの仕事をやっていてよかったと思えるかもしれません。

新興IT企業は、ある意味現代風ですので、勤務時間、服装などわりと規則が緩い場合も多いです。

結婚・出産における理解度も高く、時短勤務なども認められるケースも多いですので、とてもお勧めできる業種です。

金融業界

金融業界は今激変の波が来ています。

それは、送金システムの簡略化です。

これまでの銀行業といえば、例えばA銀行からB銀行へお金を送金するとなれば、いちいち銀行窓口にいって、しかもバカ高い手数料を支払うのが普通でした。

銀行のATMすら、夜中にはやっていないという理不尽きわまりないものでしたが、コンビニ業界などが参入し、こうした送金システムは激変してきました。

また、今後現金を無くし、すべての販売契約(つまり支払い)をネット決済にする流れがあります。(お財布ケータイなどがその典型です。)

この現金を無くし、決済をネット経由で自動化する流れは今後ますます強くなってきます。

こうした、お金の決済については「ブロックチェーン」技術などを使った新興のシステム開発も進んでおり、一部のIT企業が開発に乗り出しています。

こうしたお金の流れを統制するシステム開発は、これまで大手の金融専門SIer企業が独占していましたが、現在他の業界も巻き込んで急速に流動化しつつあります。

金融業界は、こうした激変に対応するため、システム開発のためのSEを集めつつあります。

金融業界は、SE業界に輪をかけてバリバリの男社会です。(特に銀行、証券、投資など)

ただ、「女性の多い職場よりも逆に気を遣わないから楽だ。」という方もいるのではないでしょうか?

そのような適性のある方でしたら、金融系SEに挑戦してみてください。

電気・機械メーカー

現在IOT(モノのインターネット化)が進んでいます。

平たく言えば、あらゆるモノ(家電、自動車、工作用機械、産業用ロボットなどなど)をインターネットにつなぎ、情報の統合・制御、AIによる最適化、サービスの多様化を行うものです。

こうしたモノに対するプログラムやシステムを考えるのがいわゆる「組み込み系」「制御系」と呼ばれるSE(システムエンジニア)やPG(プログラマー)です。

現在、組み込み系のSEやPGは人材が不足しており、多くの機械・電気メーカーが欲しがる人材です。

ただ、社内SEであった皆様が、すぐにこの職種に就けるかというと難しい場合も多いのでは?と推察します。

というのも、これまで扱ってきたWeb系のシステムとは異なる知識が多いからです。

特にプログラム言語や制御系システムの勉強が必須です。

ですので、理工学系の大学や専門学校を出て専門的知識を有している方が多いのがこの職種の特徴です。

ただ、SEとして働いてきた皆様は、こうした知識に対する素地・適性のある方が多いと思いますので、勉強は必要ですが、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

基本的に製造メーカーの開発は、サービス業などにくらべ、残業時間も少なく、有給なども取りやすいので、お勧めしたい業種です。

社内SEからの女性の転職:失敗しない転職理由やポイント

女性とパソコンここでは、未経験の業種でも失敗しない面接時の転職理由と、その転職ポイントをレクチャーします。

とくに、転職理由(ぼぼ志望動機といってもよい)は必ず聞かれる必須事項ですので、下記を参考にしながらぜひ事前に準備をしましょう。

失敗しない転職理由1:前業界の悪口はいわない

本音の転職理由としては、「前職の社内SEがハードワークで、年収も低いし、上司は嫌なやつでとてもやっていられない。」のいうような場合もある事でしょう。

個人的には本音をそのままぶつけてくる人は「正直な人だなあ」と一定の評価をする場合もあるのですが、これはごく少数だと思います。(実際に、取ってみたらクレームばかり言うとんでもないやつだったという失敗談もあります。)

基本的には、前職(前業界)の悪口を言わないようにしましょう。

「なぜ、前職を退職したの?」とストレートに聞かれた場合は、「SEのスキルを伸ばしたいから」「御社やその業界に前々から興味があった」など前向きな理由を述べるようにしてみてください。

失敗しない転職理由2:自己都合を前面に出さない

女性の場合、結婚や出産で、職を変えなければいけないという場合も多いことでしょう。

また、現在の年収では、とても子供の学費や老後の資金が貯金できない、などの切実な理由もある事でしょう。

ただ、こうした「自己都合」の転職理由を前面に出すのは好ましくありません。

現在の雇用主と労働者との関係はとてもドライですので、雇用者側の興味は「給与を支払う分(できればそれより多く)の仕事をこなす能力があるか?」という事にあり、労働者側の人生設計には興味ありません。(悲しい事ですが・・)

ただ女性の場合、特に結婚・出産のイベントには、企業側もある程度対応が求められますので、その旨申し出てもある程度考慮されます。

ただ、「結婚する予定は?」「彼氏いるの?(完全なセクハラ!)」とあからさまに聞いてくる面接官もいるようですので、注意が必要です。
(そのようなモラルのゆるい企業は、最初から行かないというのも選択の一つです。)

失敗しない転職理由3:転職先での未来像を語ろう

転職理由としては最も適切なのは、転職先の会社でのやりたい事やその未来像について語る事です。

「かねてから、御社(あるいはその業界)に興味があった。やりたい仕事がある。」

「御社で、○○という仕事は、自分のSEの知識をもっと生かせる、お役に立てる。」

といった感じで、ぜひ前向きな転職理由を前面に押し出してみましょう。

人生設計を明確にしておく

SEという仕事は、ある意味とても限定された専門的な職種という事ができます。(その裾野は広がりつつありますが)

ただ、その反面ハードワークで今後(例えば結婚後)その仕事を続けられるかどうか、という部分も気になる部分ではないでしょうか?

転職前に「自分はこのSEという仕事を続けていくのか、そうでなくてもよいのか?」という部分はぜひとも考えてみましょう。

SEにこだわらないのであれば「一般事務職」「アパレル店員」などの幅広い業種・職種が選択できます。

もちろん「結婚はいい人がいればしたいけど、見つかるか分からない。また、SEという働き方に理解があるかどうかも分からない。」という悩みはあると思います。

そうした場合、「本当に自分がSEという職種が好きなのか?」という事を考えてみましょう。

環境で左右されない自分の芯みたいなものをぜひとも持つように心掛けてください。

その「自分の芯」さえ持っていれば、どのような境遇になろうとも、納得して人生を歩むことができます。

転職先の会社や業界の研究を怠らない

転職を考えている会社や業界の研究・リサーチはぜひしてみましょう。

転職エージェントを活用する場合も多いと思いますが、「転職エージェントが最適の職場を探してくれるからいいや。」ではなく、自分でも積極的にリサーチした方がよいです。

なぜかというと、未経験だからといって面接時、何も知らないではいけません。

最低限押さえておくべきルールや業界用語については知っておくべきです。

そうした積極的姿勢は、志望動機や転職理由を考える際にも生きてきます。

「未経験」の場合は、答えはかならずしも正解でなくてもよいのです。

自分のやる気や積極性をアピールできるよう、業界研究を進めてみましょう。

社内SEからの転職は、自分の進むべき道を明確にしよう

教える女性女性で社内SEであった皆様は、その専門性を生かす、生かさないにかかわらず様々な業界で活躍する事が可能です。

ですので、逆に社内SEから、さらに専門性を突き詰める転職か、あるいはあきらめて別の職種に転職するのかとても悩ましいところです。

結婚や出産なども、現代ではかならずしも必須の人生イベントではありませんが、「いい人がいれば・・・」というのが多くの方が考えている所ではないかと思います。

このように、変動要因が大きく環境が激変する現代においては、「自分の芯」を持つことが重要です。

「本当は、自分は何がしたいのか?」という部分をぜひ転職前に見つめ直してみましょう。

そうすれば、うまくいっても、いかなくても自分の納得いく道をぶれずに進む事ができます。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事