30代の女性の方で「未経験だけど、SE(システムエンジニア)になりたい!」と考えている方は意外に多いのではないでしょうか?

そんな方に向け、未経験30代女性でもSEになれる志望動機や転職成功のコツをお教えします。

未経験30代女性のSE転職:転職成功のコツ

社内SEごく一般的にいって、30代で未経験職種への転職はハードルが高いのが現実です。

ましてやSEはれっきとした「専門職」で必要な知識もたくさんあります。

ただ、現在SEは全ての業界にとって必須の「職種」です。

従来は、会社の基幹システム(財務・人事・労務)が中心でしたが、ITの発達により業界全体が劇的に変貌を遂げようとしている業界もたくさんあります。

そうした中においては、皆さんが十二分に力を発揮できる機会もあるのではないかと考えます。

自分の業界内への転職がベスト!

30代女性未経験でのSE転職において、もっとも重要な事は「これまでの自分の業界での知識やスキルを生かせるかどうか?」という点です。

IT技術の発達により、その消費スタイルやサービスは劇的に変貌を遂げています。

そうした中において必須なのが、そのサービスを実現するための「システム」であり「プログラム」なのです。

ただ、その業界に精通していないSEでは、顧客とのやりとりや交渉においてもなかなか勘所がつかめず苦労する事もあるようです。

皆さんのようなその業界に長く勤め、スキル・経験とも豊富でかつ「システム」を組める、というような人材は間違いなく重宝される事と思います。

ですので、まずお勧めしたいのは、自分がこれまで勤めていた業界内のSEになる事です。

「社内SE」がもっとも身近な選択肢になります。

もちろん、その業界に特化して、システムを提供しているIT企業ということでも問題ありません。

特にIT業界は、特定の業界に詳しい人材は不足していますので、会社の方針とあなたの持っている経験・スキルが合致していれば魅力的な人材ということができます。

重要な点は、あなたが現在のスキルを生かしてどのような新しい「システム」や「サービス」を考え得るのか?という点です。

現在在籍している会社の「システム部」SEの方に色々聞いてみてはいかがでしょうか?

自分がSEとして生きてゆくために生かせる知識やスキル、自分がどのようなSEを目指すのか、といった事が見えてくるのではないか、と考えます。

プログラミング知識は必須です

SEを目指す方にとって、プログラミングの知識は必須でしょうか?

プログラミング自体は、PG(プログラマー)の仕事になります。(キッチリ分かれていない場合もあります。)

また、大手の「基幹システム」を納入するだけの2次、3次の下請け企業SEの場合、プログラミングの知識はほとんど使わないというような場合が多いようです。

ただ、先ほども申し上げたように、30代の未経験でこの「職種」に挑戦する場合、長年勤めている専門性の高いSEとの差別化をしなければ生きてゆけません。

そのためには、これまでの業界知識やスキルから新しいシステムやプログラムを構築するぐらいの意気込みがなくてはやってゆけません。

そのために、プログラミングの知識も十分に習得しておく事をぜひお勧めします。

プログラミングの知識は、専門学校等で習得する事ができます。

夜学などもありますので、現在の会社に在籍しながら、プログラミングやシステム構築の勉強をする事ができます。

30代から未経験でSEになるということはそれなりのハンデがあります。

「プログラムの知識もなしに、何しに来やがった・・」と言われないように、プログラムの知識もぜひ手に入れてみてください。

コミュニケーション能力もポイント

SEにとって必要なスキルの一つが、意外かもしれませんが交渉術やコミュニケーション能力です。

特に顧客の要望に答えてシステムを構築するような場合は、このスキルは必須です。

顧客からのヒアリング、システムの提案、納品、価格交渉、メンテナンスなどが主な仕事になります。

特に、営業や販売・小売りなどに在籍していた皆様は、どちらかというとこちらの方が得意分野という方は多いのではないでしょうか?

こうした交渉術が得意な場合、SEで何年か仕事をしたあと、もう少し上流のIT、システムコンサルタントなどのコンサル系の仕事に就くことも可能になってきます。

各業界でIT技術の導入が進む中、ITコンサルタントはこれからの花形の職業といってもよいでしょう。

将来的なキャリアアップとして、ぜひ検討してみましょう。

Slerがよいのか、社内SEがよいのか?

SEとして仕事に就く場合、大きくは二つの方法があります。

一つは、社内SEです。もう一つは、システムを外部から納入する(外部委託される側)Sler会社やそのほかのIT企業などがそれにあたります。

どちらを目指すのが適切でしょうか?

個人的には、まずは同じ業界内の「社内SE」として勤める事をお勧めします。(もちろん、これまで自分がどんな職種にいたかで異なりますので一概にはいえません。)

「社内SE」は新規のシステムを導入する場合もありますが、多くは既存のシステムのメンテナンスが主な仕事です。

また会社規模にもよりますが、社員の個人パソコンの管理や色々な不具合への対処など、どちらかというと雑用的な業務をこなす場合も多いようです。

ただ、大事なのは、同じ業界を「システム」という観点から見直してみるということです。

その中で、色々な業界内の課題や、自分の不足しているスキルなども見えてくることでしょう。

3年~5年ぐらい社内SEを勤め、その後の「やる気」や「スキル」次第で、IT業界や、ITコンサルティングへの転職を目指してみてはいかがでしょうか?

どちらにしろ、これまでのスキルを生かせること、適切なキャリアアップができる事が、30代の未経験転職において、もっとも重要な事です。

継続して働けるかを見極めよう

女性のキャリアアップとして、結婚後の出産や育児がどうなるか、気になる方も多いのではないでしょうか?

ご存じのように、SEという職種は、残念ながらもっとも時間の融通が利かない職種の一つです。

システムの納入には期限があり、それまでになんとしても納入しなくてはなりません。(最終チェックは、土日なんてことも良くあります。)

また、社内でのトラブルがあれば、それこそ休日でも出勤を余技なくされます。

また、元々男性が多い職場なので「徹夜しておまえも一人前」というような悪しき風習?もあるようです。

こうした中で、産休や育休、その後の時短勤務などを考えるのであれば、やはりある程度の大手企業の方が適切に対応してくれる場合が多いです。(人員が豊富という事情もあります)

転職にあたっては、女性専用の転職サイトなども利用してみましょう。

女性特有の上記のような悩みにも、積極的に相談に応じてくれます。

未経験30代女性のSE転職:志望動機のポイント

転職エージェント実際に転職活動をする中で、面接で必ず聞かれるのが「志望動機」です。

未経験からのSEという専門職です。

同業のSEと差別化できるような志望動機をぜひ考えてみましょう。

以下にいくつかのポイントをまとめておきます。

現在の業界経験や知識を生かす

前章から述べているように、最大の要点は「現職の業界経験やスキル」を生かせるかどうかです。

志望動機でも、業界経験をどのように生かして転職先の企業の役に立てるのか十分考えてアピールする事が重要です。

「私は、○○という職で業界の○○に精通しています。その知識を生かして、○○というシステムの導入によって、○○の業務効率UPや売上げ増加に貢献できると思い、御社を志望いたしました。」

このような感じで、自分の経験とスキルを存分に生かす事により、システム開発や導入に貢献できる事をアピールしてみてください。

女性ならではの視点をアピールする

システム開発を行うような会社の場合、女性ならではの視点やアイディアが役に立つこともあるでしょう。

特に小売りなどの消費者の動向に敏感な業界では、その消費者動向の大部分を占める「女性」の視点は重要視されます。

また、大部分は男性SEという点から逆に女性の方が重宝される場合があります。

これは個人的な体験ですが、前勤めていた会社には男性SEが多く、「パソコン」が壊れたといって連絡しても、ぶっきらぼうな答えしか返って来ず(無視される事も多い)やきもきするのですが、女性SEのかたが1人いて、その方が担当になると本当に丁寧に対応してくれて助かった覚えがあります。

周囲でも、「頼むなら○○さん、あとは役立たず」という事で周知されていたと思います。

今考えると、男性陣は基幹システムなどには興味あるが、個人のPCトラブルなど「知ったことか」という感じで、やりたくない仕事だったのでしょう。(加えて基幹システムにトラブルがあると、全社員からハチの巣状態なので、かなり内向きの方が多かったと思います。)

女性のその方は、むしろ個々人とのコミュニケーションとしてのスキルに興味(適性)があったのでは?と思います。

これはかなり個人的体験なので一概には言えませんが、女性ならではスキルや視点が大いに役に立つ事がありますので、志望動機としてアピールするのもよいでしょう。

30代は「熱意」や「やる気」のみでは難しい

志望動機では、もちろん「やる気」「熱意」は必要です。

ただ、30代の場合、やる気と熱意だけでは厳しいのは間違いありません。

自分のスキルや経験を生かして、自分や会社にどのような将来像が描けるのか、そのビジョンが問われます。

「志望動機」では、自分のキャリアアップや業界・会社の将来性についても志望動機で語ってみる事をお勧めします。

特に、金融、小売りなどIT革命が劇的に進んでいる業界では、新しいサービスのシステム構築が急務です。

こうした激変の中で、どのようにサービスを展開するのか?どのようなシステムを導入・開発すれば、売上げを伸ばせるのか、そうしたビジョンを面接時に語ってみましょう。

未経験30代女性のSE転職は、前職の知識やスキルを生かせるかどうか

女性キャリア未経験30代女性でのSE転職は、ハードルは高い事は申し上げました。

ただ、それでも挑戦したいという皆様は、ある意味SEという仕事にやりがいやビジョンを持っている方ではないか?と思います。

そうした、やりがい、ビジョンをぜひいかんなく面接時に披露してみてください。

業界自体は、常に新しいサービスや視点を求めており、女性SEの新しい視点やスキルを求めている場合も多いです。

30代は、「即戦力人材」です。

必要なシステム・プログラミングの知識はもちろんのこと、これまでに培った経験やスキルを存分にシステム導入や開発に生かせるかどうかがキーポイントになります。

どうか気概を持って女性SEとしての「職」を切り開いて行ってください。



にほんブログ村 転職キャリアブログへ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事